マツダ

マツダ・新型CX-4の日本発売時期はいつ?スペック・実燃費・価格とエクステリアデザイン&内装は?画像は?

更新日:

マツダ・新型CX-4

マツダ・新型CX-4特に目を引くのがそのエクステリア。マツダブランドの中で最もスポーティなイメージがある気がします。その理由は生命の息吹を感じさせるマツダのクラフトマンマインドが伝わる「魂動デザイン」のためでしょう。

そんなマツダを代表するクロスオーバーSUV・新型CX-4が、いよいよ満を持して、日本で発売される予定です。新型CX-4の発売時期がいつか、価格・スペック・実燃費・エクステリアデザイン&内装はどうなるか・・・などの最新情報をご紹介します。

▼関連記事▼

新型CX-4の後部座席の後部座席(2列目&3列目)の広さ&ラゲッジスペースの評価・口コミは?

マツダ・新型CX-4の乗り心地!ルノー・カジャー(KADJAR)との比較で分かるコトとは?

 

新型CX-4の日本発売時期はいつ?

マツダの新型CX-4の発売日時期はいつでしょうか? これはコンセンサス通り2019年後半と予想します。

理由としては、新型CX-4の国外での販売とブラッシュアップを終え、かつ増産体制を整えたことから、いよいよ、マツダブランドを代表するクロスオーバーSUVのひとつとして国内展開をはじめる算段が整ったからでしょう。

 

マツダ・新型CX-4

引用元:https://clicccar.com/

マツダの新型CX-4は、すでに2016年から中国の主に若い富裕層をターゲットに、中国国内で製造&専売されてきたわけで、その走行性、デザイン性と高い質感、安全性能はかなり高い評価を得てきました。

やはり中国という今やファッションやライフスタイルを発信している(上海や北京などは今やトレンドや情報を発信する側になりつつあるのが中国の現状)アジア最大のマーケットで結果を出せたのは大きいと思います。

ですので、新型CX-4は、きっと日本でも”好評”であると予想します。

 

新型CX-4日本発売前に必見のスペック!

新型CX-4のスペックはどうなるでしょうか?まず、新型CX-4が搭載するエンジン別に、以下の3つのモデルが準備されるでしょう。各モデルの最高出力と最大トルクなどのエンジンスペックは以下の通りになると予想します。

ポイント

  • サイズ: 全長×全幅×全高:4633×1840×1535mm 
  • ホイールベース: 2700mm

▼以下はエンジンスペック▼

*2.0Lガソリンエンジン:【SKYATIV-G 2.0L直列4気筒ガソリンエンジン】

  • 最高出力・・・156ps/6000rpm
  • 最大トルク・・・20.3kgm/4000rpm 

*2.5Lガソリンエンジン:【SKYATIV-G 2.5L直列4気筒ガソリンエンジン>】

  • 最高出力・・・188ps/6000rpm
  • 最大トルク・・・25.5kgm/4000rpm

上記の2モデルは、6MT&6ATの2種類のトランスミッション

駆動方式はFF&AWD

* 2.2Lディーゼルターボエンジン:【2.2Lディーゼルターボエンジン】

  • 最高出力・・・190ps/4500rpm
  • 最大トルク・・・45.9kgm/2000rpm

これらのエンジンのスペックから感じるのは、ガソリンモデルについては、正直、平均点的な印象、もっといえば少し平凡な印象を受けます。

ですが、逆に言えば、そもそもオフロードをガツガツ攻めたり、他のクルマを置き去りにするような極端にスゴイ加速性能などは、普通の乗り方では必要とはしていないわけで、新型CX-4は、街中での軽快な走りやあちこちとアクティブに活動するためのツールとしては十分過ぎるスペックですので、過不足ない走りを楽しめるでしょう。

ちなみに、現行のCX-3のガソリンモデルに試乗したことがありましたが、とくに目を見張るものはなかったですが、走り出しのスムーズさは良かったですね。マツダのディーゼルだと、加速の前にタメのようなものがあって、そのあとのガツンという加速がくるんだけど、ガソリンモデルだとそれもなくてアクセスONに対してスムーズ

個人的には、ガソリンモデルのそのあたりが良いと思いましたね。特にスゴイ加速感はないけども、扱いやすいというか人間の感覚によく合うんだと思いました。新型CX-4は、CX-3と兄弟関係のクルマなんで、動力性能の特性などは必然的に似てくると思いますね。

 

新型CX-4の実燃費は?

新型CX-4の実燃費についてですが、11-12km/L程度を予想します。ちなみに、新型CX-4のJC08モード燃費では15.9km/Lとなっているので、実燃費と少しギャップがあると予想します。

実際に、新型CX-4の実燃費についての最新情報を知るべく、中国でCX-4のユーザーの声を聞いてみると、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンと2.5L直列4気筒ガソリンエンジンの2モデルの燃費については、6割が11km/L程度と答えています。

これらのユーザーはエアコンを普通に使用した状態での数値を答えています。

 

もちろん、走り方や走る場所・地域にもよります。たとえば、郊外エリアでは、エアコンを使用しつつの燃費で14km/Lと答えた人もいました。

ただ、それは例外で、6割が答えた燃費の平均数値が11km/Lというのは、かなりリアル数字の匂いがしますし、現実離れした燃費の数値ではないでしょう。

▼関連記事▼

新型CX-4の後部座席の後部座席(2列目&3列目)の広さ&ラゲッジスペースの評価・口コミは?

マツダ・新型CX-4の乗り心地!ルノー・カジャー(KADJAR)との比較で分かるコトとは?

 

新型CX-4の日本発売!価格・値段は?中国での新車価格との違いは?

マツダ・新型CX-4エクステリアデザイン

引用元:https://clicccar.com/

新型CX-4の価格(値段)はいくらでしょうか? 価格はエントリーモデル(2.0Lガソリンエンジン)が248万円~398万円(ハイエンドモデル)と予想します。

その理由なのですが、現在、専売されている中国では、エントリーモデルのマツダ新型CX-4の車価格は、約230万円(現地価格14万元を現対円レートで換算)~となっていますが、実際に日本で発売される際には、少し高めの新車価格で販売されると思います。

 

 

それにしても、この新車価格は、経済発展目ざましい中国でも正直かなり高いですが、それでも売れているわけで、その点から考えても新型CX-4のエンジンスペック・デザイン・安全性といった部分でのバランスが取れており、”クルマ”として完成しているはずです。これは楽しみですね。

新型CX-4日本発売!エクステリアデザインから分かるペルソナ像

新型CX-4のエクステリアデザインはですが、すでに中国で発売されているラストマイナーチェンジ済みのデザインを変えてくることはないと予想します。デザインについては、もちろんマツダのオリジナル「魂動デザイン」ではあるのですが、そのトータルバランスの良さでは、かなり理想的といっていいんじゃないかと思います。

SUVではあるのですが、重心を低めに抑えつつ流れるような流線形のデザインを採用していることで、クーペ的な要素も含んでおり、高さや長さのバランスについてはちょうど良いため、これ以上でも以下でもダメだと思いますね。

マツダ・新型CX-4エクステリアデザイン

引用元:https://clicccar.com/

今の時代、SUVだからといって、SUVのみに特化していてもダメだと思いますね。とくに、新型CX-4については、そもそも中国でも、いわゆるヤング・ライフスタイル・エリート(お金・教養があり新しい価値観を持っている層)をペルソナとしており、それらの人々が生活の中で「仕事の合間の息抜きに少しの冒険をする」といったコンセプトで設計されているので、極論を言えば、走行性能よりデザインの方が大事でしょう。

ちなみにこの「少しの冒険をする」とは、たとえば、中国人の場合、週中はビジネスに思いきり取り組んで働き、週末に自然を見にあるいは体験するために近隣の街に泊りがけで出かけるようなイメージです。

そういったイメ―ジで新型CX-4を見ると、洗練されたデザイン性の高さもうなずけるような気がします。CX-3がデミオをSUVにしたイメージでしたが、新型CX-4はアクセラをSUVにしたイメージなんで、特にそう思うんですよね。

>> 大人かっこいい30代にオススメの車特集&まとめ!

 

新型CX-4の内装や画像は?

新型CX-4の内装については、すでに中国で発売されているものから見て分かる通り、徹底的にムダを排除し、すっきりとしたデザイン。ゴテゴテ感がないのは好印象です。ただ、若干プラスチッキーなイメージもありますが、そのあたりは好みの問題かもしれませんね。

マツダ・新型CX-4内装

引用元:https://clicccar.com/

 

また、インパネ部分(= ダッシュボードのこと)は、凹凸などがない水平基調のデザインを採用しているため、見通しが良く、視認性の高さを感じることができ、長い時間走っていても疲れを感じない作りとなっているでしょう。このように、死角部の少ない作りをしているのはイイですね。

マツダ・新型CX-4インテリア(内装)

引用元:https://clicccar.com/

シートについては適度なホールド感もありのシックな作りですので、やはり大人なクルマを体感できるのではないでしょうか。

 

マツダ・新型CX-4の日本発売!スペック・実燃費・価格・エクステリアデザイン&内装~まとめ

ここでは、マツダの新型CX-4の日本発売時期、スペック、実燃費、価格、エクステリアデザイン&内装などの最新情報を取り上げてきました。

  • マツダの新型CX-4の発売時期は2019年後半と予想
  • エンジンは以下の3本(ガソリン2モデル/ディーゼル1モデル)を想定

ポイント

  • 2.0L直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力:156ps/6000rpm & 最大トルク:20.3kgm/4000rpm)
  • 2.5L直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力:188ps/6000rpm & 最大トルク:25.5kgm/4000rpm)
  • 2.2Lディーゼルターボエンジン(最高出力:190ps/4500rpm & 最大トルク:45.9kgm/2000rpm)
  • 価格はエントリーモデル(2.0Lガソリンエンジン)が250万円~380万円(ハイエンドモデル)と予想
  • 新型CX-4のエクステリアデザインは現行の中国での発売モデルを販売するはず
  • 新型CX-4の内装は、シンプル感があり、死角も少ないデザインで運転しやすい

マツダの新型CX-4は「エクスプローリング・クーペ」という位置付けで中国で販売されいわゆるヤングエグゼクティブ(少し古い表現ですが)を中心に人気を集め、ヒットしました。

中国人の感性も、かなり急激に洗練されてきていますので、そのなかでヒットを飛ばせたのがは、マツダにとっても自信になったのではないでしょうか。今度は、「世界一難しい消費者(嗜好性を読むのが)」である、日本人のユーザー相手にもヒットを記録できるか楽しみですね!!

 

▼関連記事▼

新型CX-4の後部座席の後部座席(2列目&3列目)の広さ&ラゲッジスペースの評価・口コミは?

マツダ・新型デミオの日本発売時期はいつ?価格(値段)予想&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

新型マツダ3(アクセラ)の後部座席の広さ&ラゲッジスペースの広さと使い勝手は?

マツダ・新型デミオの日本発売時期はいつ?価格(値段)予想&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

 

【PS】 実は新型CX-4をお得に購入する裏技があります!

新型・CX-4に限らず、”新車の購入”を考えておられるなら、是非こちらをお読みください。

とある方法を使うことで、新車を30-50万円も安く買えるようになります!

その方法を分かりやすく説明しています。

 

                ▼新車を30~50万円安く買おう!!▼
              ↓ ↓ ↓ ↓

愛車をディーラの下取り価格よりも30万~50万円高く売る方法とは

>> 国産車のおすすめ一覧サクッとまとめ(スズキ・ダイハツ・マツダ・三菱・日産編)

Sponsored Links

-マツダ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.