車のニュース

レクサス・リコール(LS500等)のタイヤメーカー&交換タイヤ代はいくら?原因は?

更新日:

レクサスの数車種(LS500、LS500h、IS300、IS350、IS300h)がリコール騒ぎに!トヨタが対応するリコールで交換するタイヤは何で、タイヤ代はいくら なんでしょうか?

 

レクサス・リコールで交換するタイヤのメーカや価格はいくら?

レクサス・リコールで、交換するタイヤは、以下の通りのはず。

 

  • LS500&LS500h: ブリジストン トランザ T005RF

メーカー希望小売価格 ⇒  フロントタイヤ:¥67,716 (¥62,700) / リアタイヤ ¥88,668 (¥82,100)

  • IS300h : ブリジストン トランザT001

メーカー希望小売価格 ⇒  ¥28,728 (¥26,600)

 

LS500とLS500hについては、メーカー希望小売価格とはいえ、4本交換したら、約30万円近くになるんですね~。トヨタ自動車が負担はするにしても、今回のリコールの台数は、1万3300台超ですので、かなりの金額になりそうです。

 

なぜレクサスはリコール騒ぎになったの?原因(理由)は?

なぜレクサスはリコール騒ぎになったのかについては、すでにネットでも明らかになってはいますが、タイヤそのものに原因があったわけではなく、簡単にいえば、取り付け作業の工程に問題があったようです。

今回問題になっているのは、ランフラットタイヤであることから、そもそも、作業時の負担が、通常タイヤに比べて大きくなります。

つまり、原因は、作業工程でエンジニアが無理してタイヤをはめた⇒ フィッティングが完璧でないため、回転にムラが出来てしまいバランスが崩れて、異音や振動が発生。タイヤの一部が剥がれる恐れもあるとのことだと思います。

ポイント

ランフラットタイヤ(Run flat tire)とは?

⇒ パンク後、100km程度の走行ができるよう設計されたタイヤのこと。

 

ランフラットタイヤは、取り付ける際、サイドウォールが通常のタイヤより固いため、交換が大変なんですよね。下手すると、ホイールに傷をつけてしまう恐れがあります。

 


ですので、通常のタイヤの交換作業工程と比べると、2-3割くらい時間がかかるのが特徴。費用も高く、ランフラットタイヤは通常のタイヤに比べて2割高いくらいの感覚。

それにしても、トヨタもこんなところで、リコールを出すとは・・・タイヤ交換に及ぶリコール騒ぎって珍しいですよね。あまり聞いたことがないですね。

 

まとめ

こういってはなんですが、今回レクサスのリコール騒ぎの対象となった車種を保有していて、そこそこ乗り出してから時間が経過している方の場合、タイヤが減っているはずで、無償でタイヤ交換となると、正直お得なんじゃないでしょうか?

LS500・LS500hの場合、もともとのメーカー希望小売価格では、4本前部の交換で、30万円近くになるわけで。

賛否両論はあるかと思いますが、ひと昔前だったら、うやむやになっていたケースかもしれません。これだけ、コンプライアンスが厳しい時代だからこそ、リコールを挙げて、さらにきちんと対応してくれるわけですからね。

 

>> レクサス新型UXの日本発売時期はいつ?価格と実燃費&スペック・エクステリアデザインと内装は?

>>新型レクサスUXカラーバリエーション・ライフスタイル別オススメのカラーとは

>> 大人かっこいい30代にオススメの車特集&まとめ!

>> グーグルマップの代わりの無料アプリは?なぜゼンリンはMapboxと提携?理由は

Sponsored Links

-車のニュース

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.