便利なカー用品&ドライブデート

車のネッククッション(ピロー)は100均で十分!ダイソー&セリアの違いとは

更新日:

ドライブデート100均ネッククッション

ここでは、100均の車用のネッククッション(ピロー)を取り上げます!ダイソー・セリアなど100均で何でも揃うこのご時世。車用のネッククッション(ピロー)も侮れません!商品価格は100~300円となっています。なお、一番高いもので300円(2019年3月現在)するんですが、それでも安いです。

筆者も体験しているのですが、とくに長距離のドライブ中に、助手席の奥さんや子どもが”爆睡”するのはイイんですが、車の振動に合わせて首がグラグラしているのが気になってしょうがなかったです。起きたら首や肩が凝りそうだし、もし、事故ったりしたら、首にダメージとか大きそうだし・・・。

そこで、購入したのが100均の車のネック(クッション)ピローだったわけです。そのレビューを解説していきます。

▼100均を使い倒して便利なカーライフを▼

100均のカー用品(ダイソー&セリア等)でおすすめのコスパ最高グッズ厳選20コ

100均(ダイソー)カー用品のフロアマットを使った感想&評価と使い方は?

 

車のネック(クッション)ピロー!ダイソーやセリアなど100均で十分?

まず、結論から言うと、車のネッククッションやピローを買う場合、ダイソーやセリアなど100均のもので十分ですよ!

その理由がコチラ。

 

ネッククッションは100均で十分な理由

  1. 100均なのに素材感やオシャレ感などクオリティ高すぎる!
  2. 種類豊富で選ぶ楽しさ
  3. 肌ざわり・感触が万人ウケする
  4. 男性の首の太さでも使えるサイズ感
  5. ペット用にも使える

 

1. 100均なのに素材感やオシャレ感などクオリティ高すぎる!

まず、ダイソーやセリアなどの100均(商品価格:300円)で売られている、車のネッククッション(ピロー)の素材感やオシャレ感などのクオリティは高すぎると思います。

オートバックスやイエローハットに試しに行って頂くと分かるんですが、まず、素材感やオシャレ感などがイマイチな商品も多いですし、何といっても、お値段が高いです。

また、これらのカー用品専門店に置かれている商品群を見ていて、いつも思うのは、”男性的”な商品が多いことなんですよね。

多分なんですが、これらのカー用品店に来店するのがは、基本男性が多いです。もちろん、女性も来店することはするんですが、一人でぶらりと来店とはなかなかならないと思います。

 

ですので、それら男性目線で開発された商品が並ぶだけに、どうしても男性目線を意識した商品構成になると思います。

一方で、セリアやダイソーなどの100均ショップは、女性のお客さんがとにかく多いです・・・。様々な年齢層や趣味嗜好を持つ女性に訴求する商品開発力では、100均の方がかなり分があります。

一般的に、女性は価格と品質が見合っているかを見抜く力が強い方が多いので、商品力がおのずと上がるというのもあるでしょう。ましてや、100均に置かれている300円の商品となると、300円に見える商品ではなく、1000円くらいに見える商品ではないと納得できない方もいるはず。

ですので、車のネッククッションやピローをお探しの場合、ダイソーやセリアなどの100均のお店のモノでもかなりイケます。

また、素材感やオシャレ感などのクオリティが高いです。使わないときに、さりげなく、車内の座席置いておいても、ダサく見えないですし、むしろオシャレ感が出てイイと思います。

 

2. 種類豊富で選ぶ楽しさ

種類豊富で選ぶ楽しさがあるのは、ダイソーやセリアなどの100均ショップで選ぶならではのメリットでしょう。

素材の種類、柄、色味など、今乗っているクルマのインテリアとも合うかを考えて選んでみると良いと思います。ダイソーやセリアには、ガーリーなものから、ボーイッシュなものまで、種類が豊富にあるので、吟味してみると良いですよ~。

 

ダイソーやセリアなどの100均のカークッション(ピロー)は侮れないですね。

 

3. 肌ざわり・感触が万人ウケする

ダイソーやセリアなどの100均ショップの車用ネッククッション(ピロー)は、肌ざわり・感触が万人ウケするのも、オススメポイント。

その秘密は、素材にあります。

まずは、ダイソーの商品から・・・。

 

ダイソーのネックピロー

100均ダイソーのネックピロー

クッション(ピロー)の中身につかわれているのは、定番のマイクロビーズ

 

ポイント

♪マイクロビーズって何?

  • 直径が0.5ミリ以下のプラスチック粒子のことで、マイクロプラスチックとも呼ばれる

 

細かいプラスチック粒子が用いられることで、あの独特の肌触りの良さが生まれるワケですね。また、実際に首元に当たる場所の生地に用いられているのが、ポリエステルとポリウレタン。

チクチクしたりしずらいですし、ごわごわ感もないので、基本ほとんどの方が「使いやすい」と思うはず。

 

ダイソー・ネッククッションでオススメもう一点!

100均ダイソーのネックピロー

ダイソー・ネッククッションでオススメもう一点を紹介します。

こちらのオススメポイントは、何といっても肌ざわりの良さでしょう。前述で紹介したネッククッションは、いかにもポリエステルとポリウレタンという生地なんですが、こちらは、綿が40%入っていることで、触ると優しい肌触りがグッドです。

100均ダイソーのネックピロー

夏場にも使えますね。あと、色合いが雑貨風のおしゃれ感があるので、たとえば、ウッディ系の雑貨や、この手の色味の好きな方にはオススメしたいですね。

ヤンキーカーとかなんかイキった車などには似合わないですね。ま~、その手のクルマで、この手のネッククッションを使用する方は少ないでしょう。

 

セリアのネックピロー

ダイソーとはあえて違う路線の素材感で勝負しているのが、セリア。セリアのネックピローには、次のような種類のものがあります。

 

・パイル地のネックピロー: パイル生地はワッカ状の糸が織り込まれた生地のこと。別名ですが、”タオル生地”と呼ばれ、素材感はタオルと同じなのが特徴です。タオル生地を使っていることから、「ダイソーのポリ感がどうも苦手!」という方にオススメでしょう。

また、汗をかきがちな夏場は、こちらのパイル地の方が肌ざわりも良く、蒸れにくいので、オススメですね。ただ、こちらのデザインのネッククッション、売り切れているか、生産停止している可能性も。何店舗回ってみましたが、置いていませんでした。

ただ、この手の商品は、ダイソーとセリアはいたちごっこのように、片方が売れれば、また改良されて登場するのが常ですので、少し待ってみましょう。

 

・車内用ネッククッション: 比較的、最近登場してきたのが、こちらの車内用ネッククッション。ヘッドレストと首の間にすき間があると、どうしても首が疲れやすいもの。

その、すき間を埋めて支えてあげるのが、こちらのネッククッションになります。

100均セリアのネックピロー

ただ、安全のため、基本的に運転の小休止の間だけ使うようにした方が良いと思います。

あと、車内用ネッククッションの中には、このようなものもあります。

100均セリアのネックピロー

後述の空気枕と同じ、パイル地を使用していることで、汗を吸い取ってくれそうな、優しい肌触りなのが特徴です。

 

・セリアのパイル地の空気枕: その名の通り、エア枕タイプのため、使わないときは、たたんで収納できるのが特長。「普段は、ほとんどネッククッション使わないんだけど車内に置いておきたい」とか、旅行にもコンパクトに持ち運べるタイプを探している方にオススメですね。

ただ、お店によって、置いていないところも。できるだけ大きな店舗のセリアで探した方が良いかもしれません。⇒ これ廃版になったようです。しかし、代わりにダイソーが力を入れていたりするので、いくつか紹介します。

 

空気枕はダイソーで探そう!

100均ダイソーの空気枕

ダイソーは、空気枕に力を入れていますね。ですが、大き目な店舗で探すことをオススメします。

100均ダイソーの空気枕

小さめな店舗では見つからない場合もあります・・・。

この手の空気枕も、ダイソーで売れれば、セリアがまた発売再開する可能性もあると思います。

 

4. 男性の首の太さでも使えるサイズ感

100均ダイソーのネッククッション

男性が使うケースは少ないとは思いますが、首回り41㎝くらいであれば、全然使える太さですね。もちろん、一般的な女性の首回りであれば”無問題”ですよ。

筆者のつかっているクッションはだいぶヨレッてしまっていたので、ここではお店で売られているものを紹介します。

サイズ感もちょうど絶妙な感じで作られていると思いますね。

 

5. ペット用にも使える

実際に使っている人も多いですが、ペット用にも使えるなど応用も可能ですよ。

猫や犬の枕代わりに使うことができます。ネッククッションに限りませんが、100均のものは、安いだけに惜しげなく応用して使えるのが良いところだと思います。

 

ダイソーのネックピローのレビュー(体験談)

100均ダイソーのネッククッション

筆者が購入したのは、ダイソーのネックピローです。セリアと迷ったのですが、機能性だけでなく、結局デザインや色味とかを加味して、ダイソーのネックピローをチョイスしました。

結論は、首をしっかりホールドでき、買って損はないです。100均で買ったものの中には、「損した~」と感じるものもあります。車用芳香剤とか・・・。トイレの匂いみたいなんですよね。

話を戻して、ダイソーのネックピローのオススメポイントは、やはりデザイン、色味そして使用感の良さです。これらのバランスが良いと思います。セリアとかでもあるんですが、いかにも”ネックピロー感”という印象が強いんですよね。

やはり、さりげなく使えるのは、ダイソーのネックピローのメリットかなと思います。

デメリットとしては、前述のように、ダイソーのネックピローの生地の素材には、ポリエステルとポリウレタンが使われているため、人によっては汗をかく夏場は、蒸れやすいと感じる人もいるかも。

そんな方には、前述のダイソーの綿の入っているネッククッションや、セリアのパイル地のネッククッション(ピロー)を選んだ方が良い(すでに廃版の可能性もあり)かもですね。

あるいは、使い捨て感覚で、夏場にはセリアのネックピローを買って使うとか・・・そのあたり、さじ加減で使い分けができるのが、100均のネッククッションの良さだと思います。

【セリア・超強力吸着シートを実際に使用してみた結果・・・】 ⇒ 【体験談】100均グッズ!スマホスタンドなしで車載固定はセリア・超強力吸着シート!

 

車のネッククッション(ピロー)は100均で十分!ダイソー&セリアの違い ~まとめ

車のネッククッションやネックピローを買うとき、ダイソーやセリアなどの100均のもので十分な理由がコチラ。

 

ネックピローは100均でOKな理由

  1. 100均なのに素材感やオシャレ感などクオリティ高すぎる!
  2. 種類豊富で選ぶ楽しさ
  3. 肌ざわり・感触が万人ウケする
  4. 男性の首の太さでも使えるサイズ感
  5. ペット用にも使える

 

ダイソーとセリアの車用ネッククッション(ピロー)では、微妙に”特徴”が違います。ダイソーの場合、首のホールド感とデザインに特化しているだけでなく、セリアに微妙に負けていた多様性の部分でも工夫が見られます。

逆に、セリアの車用ネッククッション(ピロー)は、以前ほど多様化しておらず、今は、ネッククッション(ピロー)については、静観している印象も。あるいは、大きな店舗や地域によって置いていたり、置かなかったりというスタンスなのかもしれません。

いずれにしても、一つ言えるのは、車用ネッククッション(ピロー)は、ダイソーやセリアなどの100均で十分ということですね。使い捨て感覚で使えるというのは、衛生的ですし、きれいな状態で使えるということでもあり、オススメです。

 

便利なカーグッズについての記事

>> 車用芳香剤の効果的な置き場所はどこ?

>> 車のクッションでおしゃれ&可愛い!女子にオススメ12コ♪

★まとめ記事 ⇒ カー用品・便利&オススメグッズ特集

>> 車やドライブデートのお役立ちグッズ&ドライブが捗るモノなどまとめ記事

Sponsored Links

-便利なカー用品&ドライブデート

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.