mercedes-benz(ベンツ)

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ の最新情報&日本発売日はコレ!

更新日:

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ

ここでは新型メルセデスベンツGLEクーペの最新情報、日本発売日、スペック、価格などについて取り上げます。

>> クリスチアーノロナウド(CR7)の愛車ベンツAMG GLE 63 Sのスペックや内装&価格は?

 

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ 最新情報!

まず、新型メルセデスベンツ・GLEクーペの最新情報についてです。

メルセデスベンツが現行のGLEを発売したのが2015年。当時、古いMクラスのプラットフォームを採用していたこともあり、正直、やはり若干の古さを感じてしまいます

そして、そんな空気を一新すべく、メルセデスベンツが、心機一転、登場させるのが、第2世代のGLEクーペということになります。すでにスパイショットもかなり出回っています。

ここで、気になるのが、現行モデルのGLEクーペとの違い。

 

現行モデルのGLEとの違いは

新型GLEクーペと現行モデルのGLEクーペとの違いはどこにあるのでしょうか?画像で確認してみましょう!

まずは、新型のGLEクーペのスパイショットから。

 

新型メルセデスベンツ・GLE

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ

via: https://clicccar.com/

そして下の画像が、現行のGLEクーペです。

新型メルセデスベンツ・GLE

新型メルセデスベンツ・GLEク

出典元:メルセデスベンツ公式サイト

カモフラージュ仕様が施されているため、はっきりとした違いを感じづらいかもしれません。しかし、現行モデルと新型モデルを比較して、エクステリアを見て個人的に思う、大きな違いは次の点だと思います。

ポイント

  • 現行モデルと比べて新型GLEクーペでは、”ザ・クーペ感”がより強調されている印象
  • デザインはよりスポーティになっている印象
  • 車内空間(とくにヘッドスペースが)拡大している

個人的には、”ザ・クーペ感”が現行モデルに比べて強調されていると思います。

ところで、ベンツがクーペというカテゴリーに2代目のGLEクーペを投入してきたのは、けっこう意義があると感じています。

クーペというカテゴリーですと、フロントからリアへのラインが寝ていることで、きれいな流線ラインを描いているのが特長です。しかし、その半面、好きな人は好きだけど、「あまり実用的じゃないな」と感じユーザーもいるかなと。

やはり、ペルソナが限定されてしまう可能性もあると思うんですよね。

そもそも日本では、クーペ車のシェアが減少の一途をたどっています

その理由はいろいろあると思うのですが、ひとつには、かつてはあった、趣味や遊び心という観点で車と向き合うスタンスというよりも、”車内空間をより広く快適に”という現実的な路線の車を求めるユーザーの声が大きくなった面があるかと思います。

ま~、定義にもあるように、本来、クーペはスポーティ感あふれる部分にその特長がありますよね。

クーペとは?

クーペとは: 語源は、「切られた、切ること」を意味するフランス語の「coupe(クペ)」からきている

車の後ろ半分を切り落としたような、スポーティ感あるデザインがクーペの特徴。

 

これはこれで仕方ないと思うのですが、現行モデルのクーペ感に、さらにスポーティさを加味したテイストの新型GLEクーペが投入されたのは意味があると思います。

新型モデルで、より無難にSUVテイストを入れてくるかな?とは思っていたのですが、メルセデスベンツが、ここは、しっかりとクーペを作り上げてきたので。

ちなみに、新型GLEクーペでは、エクステリアデザインは、よりスポーティでありつつも、エレガントになっている印象があります。

もちろん、カモフラージュ仕様になっているため、ライト周りがどんな感じなのか詳細がまだ分かりません。

でも、個人的には、その顔面から”俺ベンツ!”という主張を感じるのが、現行モデルだと思っていて、新型GLEでは、その顔つきが少し穏やかになるかどうかを注目しています。

個人的には、”怒り顔”のフロントグリルのトレンドが終わりにさしかかっているとも感じています。最近のクルマを見ていると”イキッた感じの顔”→”少し穏やか目な顔つきの多角面デザイン”へと流れが変わっている気も。

個人的には、もともと”怒り顔”のフロントグリルはあまり好きじゃないですけどね(笑)。

 

また、新型GLEクーペのエクステリアデザインは、現行モデルと比べ、リア部により大きなスペースを設けています。ですので、車内空間、とくに後部座席のヘッドスペースが大きくなり、車内の快適性が増していると思いますね。

正直、現行のGLEクーペでの狭さにうんざりしている人も多いはず。新型GLEでは、家族4人でドライブなどで快適につかえることを期待したいもの・・・。

いずれにしても、繰り返しにはなりますが、ベンツが、このモデルでは、SUV寄りのテイストにせず、きちんと”ザ・クーペ感”を追求しているのが良かったと思います。

とにかく、中途半端は良くないと思うので。

ベンツに限らないんですけど、最近の各高級車メーカーも、以前だったら手を出さないようなミニバンを売り始めたりと、販売台数を増やすことに注力しすぎている気がしています。こういった”あれもこれも混ぜるやりすぎ感”はブランド価値の低下につながるはず。

ですので、メルセデスベンツが、新型GLEクーペではクーペというセグメントをきちんと意識して、そこにフォーカスしたのは良かったと思います。

 

新型メルセデスベンツ・GLEクーペのスペックは?

新型メルセデスベンツ・GLEクーペのインテリアをはじめとしたスペックは、基本的にGLEを踏襲したものになるでしょう。本国の多くのカーメディアがそのように伝えています。

2019年に発売が予定されている2020・GLEの予想されるスペックがコチラ。

 

新型GLEのパワートレイン系スペック

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ

さて、新型GLEのエンジンなどのスぺックがこちらになります。

ポイント

  • パワートレイン:  3L・直列6気筒ターボエンジン(GLE450/4MATIC)&2L・直列4気筒ターボエンジン(GLE 350 4MATIC)
  • 最高出力: 362ps(GLE450/4MATIC)/ 255ps(GLE 350 4MATIC)
  • 最高速度(0〜100 km / h):5.5秒(GLE450 4MATIC)/ 7.1秒(GLE350 4MATIC)

 

インテリアと主な装備品

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ インテリア(内装)

インテリアはシックに、そして重厚感のあるベンツらしいものに。車内の快適性や運転時の安全性を高めるための、主な装備品類はこちらになります。

 

ポイント

  • Apple CarPlay&Android Autoでのスマホ対応
  • アクティブブレーキアシスト搭載
  • ステアリングヒーター
  • EASY-PACKパワーテールゲート
  • ワイヤレス・スマートフォンの充電
  • キーレススタート
  • LEDライト

つづいてオプションがこちらになります。

  • 20インチまたは21インチホイールからのチョイス
  • スポーツパッケージとナイトパッケージの選択を可能

その他:E-ACTIVEボディコントロールインテリジェントエアサスペンション(GLE 450 4MATIC)、3列目シーティングパッケージ、MBUXインテリアアシストジェスチャーコントロール、ヘッドアップディスプレイ、THERMOTRONIC 4ゾーン空調、、エンジニアリング・コンフォートシステム、AIR BALANCEキャビンフレグランスシステム、マッサージ付き多色フロントシートなど

繰り返しになりますが、新型メルセデスベンツ・GLEクーペのインテリアなどは、GLEを踏襲したものになるため、大きな違いはないでしょう。

要するに、SUVモデルとしての立ち位置か、クーペモデルとしての立ち位置かという違いであって、この2モデルがそこまで極端に違うということはないはず。

 

忘れちゃいけない!ライバルはBMW X5&X6

BMW X5&X6

via: Carsales

気になるのが、ライバル車の存在。ライバルBMWも、BMW X5のフルモデルチェンジを投入!こちらは、GLEのライバルという位置付けでしょう。ですが、GLEクーペモデルを買うことを検討するユーザーにとっても、おそらく比較対象として遡上に上るかも。

そのレベルの高さゆえに、新型メルセデスベンツ・GLEクーペを待つか、いっそのこと、BMW X5を買うか迷うかもしれませんね。

しかし、たしかにBMW X5もスペックが高いのですが、立ち位置はあくまでもSUVであって、クーペではないのをどうとらえるかどうかでしょう。ちなみに、価格は、900万円台と、価格面でも新型GLEクーペのライバル車として立ちはだかるといっていいですね。

さらに、もう一台、こちらが、新型GLEクーペの正真正銘のライバル車という位置付けですね。X6になります。

BMW X5&X6

出典元:BMW公式サイト

価格は979万円~となっており、同じクーペモデルスタイルである点と、価格面で、ライバル車といえます。

個人的には、完璧に好みだと思いますが、X6はイマイチかな・・・と思います。「リアが正直ダサい!!」と思ってしまいます(個人的感想)。クーペスタイルにこだわって乗るのであれば、GLEクーペを選ぶと思います。

一方で、デザイン面&車内空間の広さにこだわるなら、そもそも論でクーペではなくて、GLEかBMW X5をチョイスしますね。

 

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ の日本発売日

新型メルセデスベンツ・GLEクーペの日本発売日は、2020年と推測します。

その根拠ですが、カー関連メディアによると、本国では2019年下半期または2020年に発表&販売開始と予想しています。なお、本国での販売から少し遅れつつの日本での発売になると予想します。

ですので、日本での発売は2020年下半期になると推測します。

メルセデスベンツとしては、そんなに時期を延ばさずして、新型GLEクーペを発売できるとは思います。その理由、インテリアやプラットフォームはGLEからの流用となるため・・・。

ただし、クーペスタイルですので、GLEと比べて車内空間は狭いでしょう。ですので、デザインというよりは車内空間の広さを優先してチョイスしたい方は、GLEを選択することをオススメします。

GLEクーペについては、スポーティデザインとなりますので、そこを理解したうえで購入する必要がありですね。

 

新型GLEクーペの価格(値段)は?

新型メルセデスベンツ・GLEクーペ

新型GLEクーペの価格(値段)は、エントリーモデルが980万円台~スタートと推測します。

その理由ですが、メルセデスは他の高級車メーカーと同じように、セグメントの穴を網羅しようとする中で、クーペモデルでありかつライバルである、BMWなどと戦うためには、この価格帯に設定してくるでしょう。

これ以上値段を上げても下げても、ユーザー層がずれると思うんですよね。

個人的には、ベンツなどのカーブランドは、本来は横綱相撲のように、王道のセダンメインでドン!と構えてもよさそうなんですが、やはり販売台数をこなすということを考えたときに、どのセグメントでも、選択肢となるモデルを用意しておかないといけない時代になったんでしょうね。

実際、ランドローバーなど少ないモデルで勝負しているカーブランドは苦戦していますしね。昔と違って、ペルソナのニーズがかなり細かく分かれている現在は、カーブランド側が、ある程度パイの小さなセグメントもカバーする必要があるように思えます。

>> 輸入車&外車でおすすめ!まとめ記事(BMW~テスラ編)

 

まとめ

  • 新型GLEクーペと現行モデルの違い:以下の通り
  • 現行モデルと比べて新型GLEクーペでは、”ザ・クーペ感”がより強調されている印象
  • デザインはよりスポーティになっている印象
  • 車内空間(とくにヘッドスペースが)拡大している
  • スペック:新型GLEのエンジンスぺックやインテリアを踏襲するか近いものと予想

 

新型GLEのスぺックはこちら

  • パワートレイン:  3L・直列6気筒ターボエンジン(GLE450/4MATIC)&2L・直列4気筒ターボエンジン(GLE 350 4MATIC)
  • 最高出力: 362ps(GLE450/4MATIC)/ 255ps(GLE 350 4MATIC)
  • 最高速度(0〜100 km / h):5.5秒(GLE450 4MATIC)/ 7.1秒(GLE350 4MATIC)
  • 日本発売時期: 2020年
  • 価格(値段):980万円台~(エントリーモデル)

新型GLEクーペには、ほぼ間違いなくAMGモデルも設定されます。この手のクルマが日本でも売れるようになれば、景気回復がハッキリとしてくるのかもですね。

でも、メルセデスベンツ(ライバル車ももちろん)が、こうした細かなセグメントをきちんと潰すようにして、まんべんなく新車を投入してくる事実は、メルセデスベンツ社の持っている危機感の表れだと思います。

 

▼関連記事▼

メルセデスベンツEQ A/Cの日本発売時期はいつ?価格・スペック・燃費とエクステリアデザイン&内装は?画像は

新型メルセデスベンツAMG・GT4ドアクーペの日本発売時期はいつ?価格(値段)・スペック・実燃費とエクステリアデザイン&内装は?

>> モテ期到来!40代男子のオススメの車

Sponsored Links

-mercedes-benz(ベンツ)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.