SUBARU

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ時期予想&発売日はいつ?価格&スペックとは

更新日:

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ

かつて「スバルの救世主」ともよばれたツアラーワゴンであるレガシィを発売したスバル。そんなレガシィも2019年に一新されることが決まった今、関心を集めているのが、その後継版である新型のレヴォーグのモデルチェンジ版の発売

レヴォーグは、同じくモデルチェンジを予定しているWRXと並び、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用してのダウンサイジング供給が計画されています。ダウンサイジング車を狙うダウンサイザーにとっては、注目を集めそうですね!!

ここでは、新型レヴォーグのフルモデルチェンジ時期予想と発売日がいつかについて予想します。また、価格やスペック・新型情報なども。

▼関連記事▼
↓ ↓ ↓
新型WRX STIの発売日はいつ?2021年?スペック・価格・実燃費とエクステリアデザイン&内装は?画像も

スバル・新型アセントの日本発売時期はいつ?価格(値段)・スペック・実燃費とエクステリアデザイン&内装は?

 

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ時期予想&発売日はいつ?

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ

(写真引用:https://www.subaru.jp/levorg/のサイト:写真はレヴォーグ STI Sport アクセサリー装着車)

レヴォーグのフルモデルチェンジ版の時期予想と発売ですが、2020年の6月(夏前)になると予想します。

その理由は大きく分けて3つあると思います。

まず、スバルが今後、段階的にSGP(スバル グローバルプラット フォーム)を全車種に採用することを発表しており、スバルが「レヴォーグについては、他の車種と並び、1年毎に1車種づつフルモデルチェンジを予定している」と明言しています。

その流れでいくと、2020年にレヴォーグのフルモデルチェンジはコンセンサス通りだと思います。

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ

コンセプトカー(写真引用:https://www.motortrend.ca/en/news/)

また、そもそもスバルというメーカーは、もともと車種数が少なく、1車種の売れゆきが収益を左右することから、開発の手を緩めない傾向が強いです。

その一方で、スバルユーザーにとっては、あまり頻繁にモデルチェンジが行われるとうれしくないわけで、2018年6月にレヴォーグE型がリリースされたことを考え、その2年後というタイミングで考えて2020年と予想できます。

さらに、これまでの傾向を見ると、レヴォーグをはじめとしたスバルの車種のフルモデルチェンジの時期が、夏を控えた時期に行われることが比較的に多く、また、たとえば6月など夏休みを控えた時期に発売されると予想します。

なお、スバルの車を保有する方なら理解できると思いますが、スバルの場合、新車種の投入ごとに、走行性能やフロントマスクが大きく変わったり、魅力的なグレードの追加など、かなり付加価値が付いた車種が発売されることも多く、そうした「変化・変更の大きさ」も魅力のひとつでもありますよね。

ですので、レヴォーグのフルモデルチェンジ版に関しても、フロントマスク=顔つきの変化はもちろんのこと、その走行性能の大いなる改善にも注目したいところ。

 

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ!価格(値段)は?

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ

コンセプトカー(写真引用:motor1.com)

レヴォーグ・フルモデルチェンジ版の価格(値段)ですが、1.8リットル直噴ターボの量販モデルが320万円(税抜き)~と推測します。さらに、2.4リットル直噴ターボが、350万~430万円(税抜き)と推測します。

メインとなる2.4リットル直噴ターボのベースモデルが350万円~という予想の根拠ですが、レヴォーグの2014年モデルが286~405万円となっており、その販売価格から考えて、この程度の上昇は想定内ではないかと思います。

さらに、この価格は、後述しますが、EyeSight(アイサイト バージョン)バージョン4の搭載された場合の価格と予想します。

ちなみに、現在販売中のレガシィB4モデルは、ベースモデルの新車価格が302万円となっており、レガシィの後継車という立ち位置から考えて、この価格は妥当なのではないかと思います。

 

新型レヴォーグのフルモデルチェンジでスペック&新型情報とは

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジスペック

(写真引用:https://www.subaru.jp/levorg/のサイト:写真はレヴォーグ STI Sport)

レヴォーグ・次期モデルのスペックについてご紹介します。現在、想定されているのは、以下のモデルとスペックです。

 

予想される新型レヴォーグ・各モデルのエンジンスペック

発売が予想されるのが、3本のパワートレインです。

ポイント

  • 1.8L 直噴ターボGT  ----180ps
  • 1.8L 直噴ターボSTIスポーツ  ----180ps
  • 2.4L 直噴ターボSTIスポーツ  ----270ps

注目したいのが、1.8リットル直噴ターボの量販モデルも販売されること。おそらく価格は上位版の2.4L版より抑えられるはずで、燃費の良さと取り回しや扱いやすさも兼ね備えていることから、そのバランスの良さを実感できるはず。

レヴォーグらしい走りはもちろんのこと、家計にも優しいのが、うれしいポイントとなるはず。

 

新型レヴォーグフルモデルチェンジ!予想サイズ&装備など

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ

コンセプトカー(写真引用:motor1.com)

つづいて、新型レヴォーグのフルモデルチェンジでの予想サイズや装備品についてです。

ポイント

  • 予想ボディーサイズ(全長×全幅×全高): 4725×1795×1480mm
  • 電動ハッチゲート&後部シートヒーターや電子制御サスペンションを装備予定
  • 居住性の向上(ホイールベースがより広くなったことで実現)
  • EyeSight(アイサイト バージョン)バージョン4搭載の可能性

 

ボディサイズなのですが、2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーで公開された「ヴィジヴ ツアラー コンセプト」をべ―スとして設計&開発されることで、ボディサイズ的には近いものになるでしょう。

「ヴィジヴ ツアラー コンセプト」について少し説明します。

 

ヴィジヴ ツアラー コンセプトのサイズ&スペックなど

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ・サイズ

ヴィジヴ ツアラー コンセプトのサイズなどは以下の通りです。

ポイント

  • ボディサイズ(全長×全幅×全高):4775mm×1930mm×1435mm
  • ホイールベース:2730mm
  • 乗車人数:4人

ただ、あくまでもコンセプトカーですので、仮に市販ということになれば、ボディサイズ・・・とくに全幅の見直しがされることになるでしょう。現行モデルとほぼ近い、全幅1780mm程度のサイズに合わせて発売されるはず。

全幅が大きな車は、迫力があってイイんですけどね。”コンセプトカー→市販化”の過程で迫力が欠けてしまう理由の一つが、全幅のサイズダウンでもあると思います。

実用性とカッコよさのギリギリの部分で、是非、スバルには攻めて欲しいですね!

 

新型レヴォーグフルモデルチェンジ!プラットフォームはSGP採用でこう変わる!

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジプラットフォーム

レヴォーグのフルモデルチェンジ版で、”採用がほぼ間違いなし!”なのが、スバル新開発のプラットフォーム「SGP」

 

ポイント

  1. 衝突時の耐衝撃性大幅アップ
  2. 操舵性の安定性アップ
  3. 車内の居住性の向上&静粛性

新プラットフォーム「SGP」のデメリットをあえて探すと、やはり”デザインの画一感が出てしまう可能性”がある部分でしょうかね。

でも、それをいったら、他のカーブランドの多くは、共用プラットフォームを採用しています。また、一定の高い安全性や安定感を保ちつつ、コスト面で抑えることができるという合理的な視点から考えて、プラットフォームを共用するのはアリでしょう。

また、高い安全感が生まれるということは、シャーシや車体のねじれ剛性が向上することでもあり、結果として車内の不要な振動や騒音を減少すること。また、乗り心地が良くなり、車内の居住性もアップします。

 

▼新プラットフォーム「SGP」のメリットについて(公式サイト)▼

SUBARU XV:スバルグローバルプラットフォーム [メリット篇]

あと、もうひとつ付け加えれば、プラットフォームの縛りがありつつ、どれだけ他のモデルとの違いや個性の相違を出せるかが、新型レヴォーグのフルモデルチェンジ版の設計&デザインを手掛けるスタッフの腕の見せ所だと思うんですよね。

実際、トヨタでは、多くの車種が共用プラットフォームとしてTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用していますが、SUVモデルのC-HRやセダンのプリウスなど・・・数え上げたら結構な個性の違うモデルを送りだしています。

ですので、スバルがレヴォーグのフルモデルチェンジ版で、新プラットフォーム「SGP」を流用するのは、適切といえるでしょう。

 

新型レヴォーグのフルモデルチェンジ!EyeSightバージョン4搭載の可能性もアリ!

また、現在検討中といわれているのが、新型レヴォーグのフルモデルチェンジモデルへのEyeSight(アイサイト バージョン)バージョン4の搭載

EyeSightバージョン4には、ドライバー・モニタリング・システムが搭載され、対衝突でのダメージをより軽減できるブレーキ性能の向上にもつながると期待されています。

 

具体的には、フロントバンパーに組み込まれる予定のレーダーセンサーが横からの衝突での被害を軽減する役目を果たすこととなり、もし実用化されると、ドライバの安全性が大幅に高まり、安心感がアップしそうですね。

ちなみに、現行のEyeSight(アイサイト バージョン)バージョン3では、全車速追従機能付きクルーズコントロール(先行車の走行に応じて減速・加速・ブレーキを自動で行う機能)とアクティブレーンキープ(車載のカメラやレーダーで走行するレーンの状況を認識、車線をはみ出さないようステアリングを制御するシステム)との組み合わせがなされており、高い安全性能を実現しています。

そして、それをさらに、改良したのがEyeSight(アイサイト バージョン)バージョン4。 

出典元:スバル公式サイト

確かに、とくに交差点や出会い頭での事故防止の能力が大幅に向上しそうですが、個人的には、EyeSightバージョン4の搭載は流動的だと思います。また、もし仮にEyeSightバージョン4の搭載されたとしても、本体価格がかなり高くなる可能性を予想します。

あと、最後になってしまいますが、忘れていけないのが、エクステリア面での時代の変化。新型レヴォーグのフルモデルチェンジモデルのコンセプトカーには、デジタルミラーが装備されています。

やはり、どうしてもスタイリッシュを追求すると、サイドミラーの存在は邪魔になることも。

 

View this post on Instagram

 

Motorjournalistenさん(@motorjournalisten)がシェアした投稿 -

安全性能向上・実用性そしてデザイン性などを考えても、デジタルミラーというのは、今後の流れでしょう。このあたりは、新型レクサスESと同じようなコンセプトですね。

いずれにしても、新型レヴォーグのフルモデルチェンジ(市販車)でのデジタルミラー採用は、ほぼ間違いないと予想します。今後5年後10年後は、デジタルミラーを標準採用している車が増えるでしょう。

 

 

新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ!発売時期予想や価格など ~まとめ

  • 新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ版発売時期: 2020年の6月(夏前)
  • 新型レヴォーグ・フルモデルチェンジ版の価格(値段): 以下の通り

ポイント

  • 1.8リットル直噴ターボの量販モデル → 320万円(税抜き)~
  • 2.4リットル直噴ターボモデル → 350万~430万円(税抜き)

270psの出力をたたき出す2.4L直噴ターボSTIスポーツに加え、最高出力180psの1.8L直噴ターボGTと1.8L直噴ターボSTIスポーツの発売も予定!

個人的には、”レガシィ=遺産”という車種とその名称は、響きといい、ネーミングといいかなり好きですね。そのレガシィのスピリットを継承したのが、後継車のレヴォーグ。かなりハードルの高い継承といえるでしょう。

スバルというメーカーの開発魂のスゴさは言うまでもないでしょう。実際、ツーリングワゴンというカテゴリーで結局のところ、一人勝ちしているのは、新型レヴォーグだと思うんですよね。

SUVやミニバンというカテゴリーに不要に手を出すことなく、このジャンルに特化したことで、結局のところ、勝者になっていると思います。

個人的には、新型レヴォーグのフルモデルチェンジモデルが、できるだけコンセプトカーに寄せた仕上がりであって欲しいと思います。

いずれにしても、リコール騒ぎなどで、その信頼性に疑問を投げかける人もいる中で、スバルのシンボル的な一台・新型レヴォーグのフルモデルチェンジモデルの開発での高いハードルを越えるはずのスバルの開発者陣に期待しましょう。

 

【PS】 実は新型レヴォーグをお得に購入する裏技があります!

新型レヴォーグに限らず、”新車の購入”を考えておられるなら、是非こちらをお読みください。

とある方法を使うことで、新車を30-50万円も安く買えるようになります!

その方法を分かりやすく説明しています。

 

    ▼新車を30~50万円安く買おう!!▼
        ↓ ↓ ↓ ↓

愛車をディーラの下取り価格よりも30万~50万円高く売る方法とは

>> 20代男子におすすめのかっこいいモテ車特集

>> 国産車でおすすめの車をサクッとまとめ!(ホンダ・スバル・トヨタ編)

Sponsored Links

-SUBARU

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.