便利なカー用品&ドライブデート

サングラスを夜間運転用&雨の日にかける!5つのメリット&オススメのモノ

更新日:

ここでは、サングラスを夜間運転用&雨の日にかける!5つのメリットを解説します。筆者もそうなんですが、視力が悪かったり、目が光に弱い人にとっては、光の眩しい日中以外の夜間や雨の日の運転でのサングラスは、あると断然ラクです。

 

▼運転用・サングラス関連記事▼

運転用サングラス・度付きタイプの選び方&メリットとデメリットとは

運転用メガネでオススメはザ・サプリメガネ!体験で分かったオススメの5つの理由とデメリットとは

 

サングラス・夜間運転用&雨の日にかける!5つのメリットとは?

では、さっそく、サングラスを夜間運転用や、雨の日などにかける5つのメリットを説明していきます。

 

メリット5つ!

1. 目の疲れ方が違う!
2. 目を保護できる
3. 安全運転ができる
4. 色々な使い方ができる
5. オシャレでファッション性が高い

 

ちなみに、これは個人的な意見ではありますが、メリットはあってもデメリットはないと思います。

では、偏光サングラスを夜間運転用や雨の日などにかける5つのメリットをひとつづつ説明していきますね。

 

1. 目の疲れ方が違う!

実際に使ってみると分かるのですが、夜間運転用と雨の日の運転用に適した偏光サングラスを正しく選ぶと、目の疲れ方がかなり違いますよ。個人的に思うのは、若い世代ももちろんですが、目が少し衰えたな~と感じている人にも使ってほしいと思いますね。

若いときには、目の反応速度も早く、運転中に車の周囲で何か危険なことがあった場合でも、瞬時に対応できるもの。

でも、年齢を重ねると、視力というよりも動体視力が衰えていて、とっさに反応できないことも多々あります。

それに加えて、雨が降っていて、対向車のヘッドライトの乱反射がきつく、しかも夜間の運転となると、運転する条件としてはかなり悪いですよね。とくに、最近のクルマはLEDライトを採用していることが多く、より乱反射がキツイんですよね。

そういう条件下で運転を続けていると、目が疲れて・・・結果として身体も疲れるもの。そんなときに、少し目を閉じることができればイイのですが、なかなかそうもいかないですよね。

それをかなり軽減してくれるのが、夜間&雨の日用の偏光サングラスです。

ちなみに普通の色の濃い偏光サングラスはダメですよ。危険なので・・・。

結論としてですが、雨の日と夜間運転用サングラスをきちんと選ぶと、目の疲れ方が違いますし、結果として長時間の運転が楽になります

 

2. 目を保護できる

雨の日と夜間運転用として売られているサングラスは、多くの場合、レンズが”黄色(イエロー)”です。黄色系のレンズカラーには次のようなメリットがあります。

 

ポイント

  1. レンズの色が薄いため、光が不足を補うため不必要に瞳孔が開く事態を避けられる
  2. UVカット機能が付いていることが多く、紫外線から目を保護できる

 

1.の点は、少し前述の内容と被るかもしれません。

人間の目は、光が足りないと感じると、瞳孔を大き目に開くことによって何とか光を取り込もうとします。

雨の日&夜間運転用として売られている偏光サングラスは、多くの場合、レンズが”黄色(イエロー)”であることから、光不足を感じずに周囲をはっきりと見ることができるので、目が疲れにくいですし、目の負担が減り、結果として目を保護することができます。

また、これらの雨の日&夜間運転用として売られている偏光サングラスは、UVカット機能が付いていることが多いため、紫外線から目を保護することもできます。ですので、曇りがちの日などの運転時にかけることで、目を優しく保護することができます。

ちなみに、筆者も感じる点ですが、曇りの日や夕方などは、濃い色のレンズのサングラスをかけると、逆に目が疲れるんですよね。そんなときには、薄いイエローカラーの偏光サングラスをかけると目が楽ですし、紫外線から目を保護できるので、オススメだと思います。

 

3. 安全運転ができる

前述の1.と2.のメリットがあることで、結果として安全運転をすることができます。

ちなみに、これは高齢者にとくに顕著にみられるのですが、その事故の最大の原因は「夜間視力」の低下です。

つまり、日中の太陽が出ている状況では、きちんと見えているものが、夜間は見えなくなる現象です。

 

年齢と共に見えずらくなりますが、ただ若くても、昼間と比べ夜間は、モノが見えにくい傾向なのは間違いないです。

雨の日&夜間運転用サングラスは、レンズに黄色味がかったイエロー加工がされていることで、夜間、雨天、霧の日の視界を鮮明にしてくれます

それで、たとえば、夜間の雨の中を運転するときの、対向車のヘッドライト、道路の乱反射や照り返し、夕方の太陽の光、街灯のまぶしさなどを軽減してくれますので、安全運転をサポートします。

 

4. 色々な使い方ができる

濃い色のサングラスを持っていても、結局、その用途は、日中でかつ太陽が出ている中での日常利用や運転使用などに限定されてしまいます。

でも、レンズがイエロー加工されている雨の日&夜間運転用サングラスを一本持っておけば、運転以外にも、様々なスポーツやアクティビティに使えます

釣り、ランニング、サイクリングをはじめ、雪の中でのスキー、スノボなどでもかなり使えるヤツです。これらのスポーツやアクティビティでは、やはり明るい視界をきちんと確保しておくことは安全のためにも重要ですので、その点、視界が明るいレンズがイエロー加工されているサングラスは有効ですね。

また、イエロー加工されている雨の日&夜間運転用サングラスにブルーライトカット機能を付いたものを買っておけば、スマホやパソコンを使うときに着用することで、有害なブルーライトから目を保護することができます。

ですので、これは個人的な意見なんですが、濃い色のレンズのサングラスとレンズがイエロー加工されている雨の日&夜間運転用サングラスの計2本持っておくことをオススメしたいですね。

 

5. オシャレでファッション性が高い

単にイエロー加工されているサングラスを適当に選ぶのではなく、オシャレでファッション性が高いものを選べば、結局のところ、モテ男子の要素が高くなります。

アンケートによると、女子が男子を見る時に、ぶっちゃけ重視(=見てしまう)しているのは、やはり顔です。

とくに、目はいろいろなものを訴える器官ですので、その目元をオシャレにしておくと、女子ウケもしますよね。とくに、運転している男子の姿は、女子にとっては魅力的なもの。

自分の顔や雰囲気に合ったレンズやフレームのサングラスを選んでおくと、彼女や女子たちからのポイントアップしますよ!

ですので、「レンズがイエローな雨の日&夜間運転用サングラスであればイイんでしょ!」的な感じで選ぶのではなく、できれば自分の顔やあごのライン、また雰囲気に合っているモノを選んでみましょう。

普段からメガネをかけている男子の場合、自分に合っているフレームデザインは案外分かっているのですが、もし、普段メガネをかけていないのであれば、メガネ屋さんなどで、いろいろとかけ比べてみましょう

できれば、彼女とかに女子目線でも見てもらった方がイイですよ。

自分が思っているモノと違うモノを勧めてくる可能性大です(個人的経験)。つまり、第三者の方が、客観的にあなたのことを理解しているということです。そして、第三者の意見の方が、多くの場合、正しかったりします(笑)。

自分中心で選ぶと結局、自分の好みで選んでいて似合わないことも多々あります。

ちなみに、店の人の意見を重視するのはやめましょう(笑)。基本、ポジショントーク(=単純に高いものを買わせたいがために)で、商品を勧めてくることが多いので・・・。

 

サングラス・夜間運転用&雨の日用~ ここまでのまとめ

ここまでで、偏光レンズのサングラスを夜間運転用や、雨の日などにかける5つのメリットを解説してきました。次の5つのメリットがあります。

メリット5つ!

1. 目の疲れ方が違う!
2. 目を保護できる
3. 安全運転ができる
4. 色々な使い方ができる
5. オシャレでファッション性が高い

 

夜間運転用&雨の日用のサングラスオススメ厳選4つ

夜間運転用&雨の日にかけるための偏光サングラス・オススメ厳選4点を紹介しますね。

 

1. 調光&偏光サングラス ST-7910

このサングラスのオススメポイントがコチラ!

  • 偏光サングラス + 調光サングラスのW機能でインドアからアウトドアまで自動で濃さを調整
  • デザインがおしゃれで年代を問わず似合う
  • スポーツ用と比較すると少し重量感があるデメリットも

やはりユニークだと思うのが、偏光サングラス + 調光サングラスのW機能であるということ。

偏光サングラスはたくさんあれど、調光機能は何気に嬉しいですね。これを一本かけたままで、運転⇒屋内に移動してもきちんと見えるので(もちろん光の具合で見えずらいことも)・・・。

西日がまぶしいときや、曇りや雨の日などにも、つかえますし、ドライブはもちろん、釣りや登山などのシーンにもオススメしたいですね。

 

2. 男女兼用・鯖江メーカー製サングラス

このサングラスのオススメポイントはコチラ!

  • 本場・鯖江メーカーが企画した目をしっかり守るサングラス
  • 色は薄めのレンズで、視界が良好
  • 紫外線・ブルーライト・近赤外線もカット!
  • 軽くて丈夫なポリカーボネート素材を使用
  • 男女兼用で、たくさんの種類から選べる楽しさがある
  • 日本人の骨格に合うフレームでフィット感が抜群!

このサングラスは、日本人による日本人のためのサングラスだと思いますね。つまりフィット感がオススメポイントということ。

機能的にも、紫外線、ブルーライト、近赤外線もカットしてくれるため、屋外から屋内までこれ一本でOK。ブルーライトカット43%というのは、JINSのメガネのMAXのブルーライトカット率に近いものがあり、ま~十分でしょう。

日本製らしい、細やかな気配りの感じられる1本ですね。

 

3. ネオコントラスト・ ドライブサングラス(40代以上&見えずらさを感じている人にもオススメ)

ネオコントラスト・ ドライブサングラスの特長は次の通りです。

  • 可視光線透過率75%で夜間の運転もOK!
  • 色味の薄いレンズのため、人と会うときなど屋内・屋外問わず使用可能
  • 工程の6割がこだわりの手作り
  • 歪みのない高性能な薄型レンズ

ネオコントラスト・ ドライブサングラスは、人間が最も眩しいと感じる黄色い光(波長585nm付近)のみを透過率最大70%以上カット。

昼夜問わず、眩しい光を大きく抑えてくれます。とくにオススメしたいのが、運転時に目が見えずらいと感じ始めた40代以上の方。見えずらさの原因である黄色い光をカットしてくれるため、ぐっと見えやすくなります。

日中から夜間までかけっぱなしでOKなのも、嬉しいポイントですね。

なお、こちらは、メガネの上からかけられるタイプとなります。

↓ ↓ ↓

メガネユーザーの方は、今のメガネの上からかけることで、夜間などに利用できます。

 

4. 偏光 サングラス  fib-5

偏光サングラスfib-5のポイントは次の通りです。

  • バネ蝶番を利用しているため長時間の付け心地が良い
  • レンズの内側にARコート(反射防止コート)を施してあるため背後からの映り込みを防止
  • 軽いのが嬉しい
  • レンズの色は濃いめのためトンネル内、夕方以降の使用は厳しい場合も

軽いのでかけ心地が良いです。また、昼間の雨の日や曇り時々雨のような天気では、ほどよいレンズの濃さが、疲れにくさを感じさせてくれます。逆に、トンネル内、夕方以降の使用はレンズの濃さ的に厳しい場合もあります。

★まとめ記事 ⇒ カー用品・便利&オススメグッズ特集

 

まとめ

サングラスを夜間運転用や、雨の日などにかける5つのメリットはコチラ!

 

メリット5つ!

1. 目の疲れ方が違う!
2. 目を保護できる
3. 安全運転ができる
4. 色々な使い方ができる
5. オシャレでファッション性が高い

ここで、オススメしているサングラスはいずれも高い評価を得ているモノばかり。あとは、サングラスはオシャレ感やファッション性も大事。

そのあたりも加味して、あなたにぴったりのサングラスを選んで夜間運転用として、雨の日用としてかけてみましょう。

 

▼運転用・サングラス関連記事▼

運転用サングラス・度付きタイプの選び方&メリットとデメリットとは

運転用メガネでオススメはザ・サプリメガネ!体験で分かったオススメの5つの理由とデメリットとは

便利なカーグッズについての記事

>> 車やドライブデートのお役立ちグッズ&ドライブが捗るモノなどまとめ記事

>> 車用芳香剤の効果的ば置き場所はどこ?

Sponsored Links

-便利なカー用品&ドライブデート

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.