車のメンテナンス

車の窓ガラスが凍る⛄凍結防止の方法3つを理解して対策OK!

更新日:

車の窓ガラス凍る

冬の忙しい朝、運転しようと車に乗り込んだときに、車の窓ガラスが凍っていると”テンション”下がりますよね?ここでは、車の窓ガラスの凍結防止の方法を3つご紹介します。

▼こんな記事もどうぞ!▼

雪道の運転方法・注意点&コツ6つとは?初心者や女性もコレで安心!必需品の装備とは

雪道運転でのギアの使い方とは?オートマ車で安全走行する方法

雪道運転・坂道(下り坂と上り坂)の走り方のコツ&注意点とは?

 

車の窓ガラスが凍る!凍結防止の方法3つを理解して対策OK!

パーク24株式会社が行った冬場の愛車の困りごとについてのアンケートによると、「フロントガラスの霜(凍ること)」が53%でトップでした。

実に多くの人が、冬場の愛車の窓ガラスの凍結に悩んでいることが分かります。(出典元:http://www.park24.co.jp/news/2017/11/20171109-2.html)

とくに、忙しい朝にかぎって、フロントガラスが凍結していると、すぐに運転することができず、イライラしますよね。

では、さっそく愛車の窓ガラスの凍結防止の方法を3つ取り上げていきますね。

 

これを押さえれば大丈夫!車の窓ガラスの凍結防止の方法を3つ

 

1. 屋根の下に駐車する

車の窓ガラス凍る

事前に、急激な冷え込みが予想されている場合、その前日は、極力、屋内のガレージやカーポートなど、屋根がある場所に駐車しておきましょう。

極力、外気に触れにくい場所に愛車を駐車することで、ガラス面の凍結を防止することができます。

その理由なのですが、放射冷却による車の周辺の気温低下を防ぐためです。

放射冷却とは、とくに夜中から明け方にかけて急激に気温が低くなる時間帯に、地面の熱が空気中に放射する現象のことです。地面から熱が放射されるときに、空気中の水分が凍り、それが霜の形で降りてきて、車のフロントガラスが凍結します。

それが、愛車のガラスの凍結の正体です。

普段、冬場の降雪や気温の低さに比較的慣れている地域に住む人々は、その対処方法にも慣れていますが、問題は、普段、あまり極端に気温が下がらない地域に住む人です。

実際、普段はあまり冷え込みが厳しくない地域で、いきなり冷え込みのキツい朝を迎えたりすると、愛車の窓ガラスの凍結に悩む方が多いようです。

そして、慣れていないため、いざガラスが凍ると、とりあえずお湯をかけるなど・・・車にとっては正直、ベストとはいえない対処方法を取ってしまうこともあるかもしれません。

車の窓ガラス凍る

筆者も、住んでいるのが地方都市(雪国ではない)なのですが、冷え込みの強い朝、ガラスが凍っていて、車を出すまでに時間がかかり、焦ることがあるんですよね。

また、なぜか余裕のない忙しい朝に限って、ガラスが凍結している気がします(笑)。

前日のTVなどの天気予報で、気象予報士が「今日の晩から放射冷却が強まり、明日の朝は冷え込むでしょう」と言うときは、要注意ですね。前日のうちに、屋内駐車場やカーポート下の駐車場に車を避難させましょう。

ちなみに、もしカーポートがない方は、軒下や大き目の木の下などに車を避難させるようにしたいものです。フロントガラスに降りてくる霜を遮る効果をある程度期待できます。

 

2. 凍結防止シートでガラスを覆う

ガラスの凍結防止には、屋内のガレージやカーポートの車庫に駐車することは分かっていても、筆者も含め、多くの方は屋外に駐車することが多いと思います。そんな方にオススメしたいのが、凍結防止シートを使ってガラスを覆う方法です。

屋根なしの駐車場に停める人は、これに決まりだと思いますね!

以前は、凍結防止シートを使う人は少なかったのですが、実は、凍結を防止できる便利な方法で、今では使っている人が多いんですよ!

ここで紹介する凍結防止シートを使うメリットには、次のようなものがあります。

  • フロントガラスに雪・霜が直接かからないため凍結しづらく、毎朝の霜取りの手間が省ける
  • 30秒で簡単取り付け&10秒で簡単取り外し!
  • 撥水加工で面倒な手入れ不要!
  • サイドミラー用のカバーもついており、サイドミラーの凍結防止も同時に可能!

個人的には、 車の窓ガラスの凍結防止には、凍結防止シートが一番効果的だと思います。上記で、一例として紹介した凍結防止シートは、吸盤で車内に取り付けるタイプなので、かなりの横風が吹いてもある程度耐えることができます。

また、盗難もされにくいというメリットもありますね。

もちろん、あまりに風が強い日には、風であおられてしまい使えない場合もあります(ただ、逆に風が強い日は、霜があまり降りません)。でも、よほどの強い風じゃないかぎり、使えるヤツですよ!

ちなみに、筆者は、以前、要らなくなった布でフロントガラスを覆っていたこともあるのですが、風で簡単にあおられたり、飛ばされたりしますし、あと基本的にダサいです。とくに、風であおられてフロントガラスからずれた状態なんて、何ともだらしないですからね。

結局すぐに凍結防止シートを購入しました(笑)。価格も安いですし、1枚持っておいて絶対損じゃないと思いますね。

 

3. ガラス面に撥水剤(ガラコなど)を塗る

雪が降る前にガラス面を撥水処理するのも効果があります。つまり、撥水剤(ガラコなど)を”塗り塗り”しておくということですね。

前述のように、ガラスの凍結の原因は、上から降りてくる霜にあります。

しかし、霜が降りてきても、ガラス面が撥水処理してあれば、”水分をはじいてくれる”ので、霜がつきにくくなります。結果として、ガラス面の凍結を防止することができます。

でも、注意点がひとつあります。

まず、機械洗車にしろ、自分で洗車するにしろ、車用の洗剤でガラス面をよく洗い、汚れを十分に取り除いてから、撥水剤(ガラコなど)を塗りましょう。ガラス面がきれいでないと、撥水剤が性能を十分に発揮できないからです。

ただ、個人の体験になりますが、いくら撥水剤を塗っても、”凍結しにくくなる”ことはあっても、やはりガラス面の凍結を完全に防止することはできませんでした。

とはいっても、撥水剤を塗っておくと、ガラスの表面が滑らかになるので、雪や氷が付着してもヘラなどで取り除きやすいなどメリットは感じますね!

ただし、前述のように、雪が降ってから撥水剤を塗っても遅いので、降る前に塗っておくようにしましょう。

また、筆者の感想では、できれば、凍結防止シートと合わせて使うと、なお効果的ですね!

 

車の窓ガラスが凍る!凍結防止の方法3つ ~まとめ

車の窓ガラスの凍結防止の対策方法は次の3つです。

  1. 屋根の下に駐車する
  2. 凍結防止シートでガラスを覆う
  3. ガラス面に撥水剤(ガラコなど)を塗る

屋内駐車場や屋根の付いているカーポートに駐車できればベストなんですが、そうもいかない方が多いはず。凍結防止シートと撥水剤(ガラコなど)の組み合わせがベストだと思います。

実際、凍結防止シートは、車のガラス面の凍結防止のため、雪国では広く使われていて、その効果は明らかです。

前日のうちに、きちんと対処しておけば、翌朝、時間と気持ちにゆとりをもって、車で出勤できるので、是非試してみましょう。

 

▼こんな記事もどうぞ!▼

>> 車のメンテナンス記事のまとめ記事

>>  車の知識とメンテナンス&防犯対策の知識などのまとめ記事

雪道に強い車ランキング・トップ5とは

雪道の運転方法・注意点&コツ6つとは?初心者や女性もコレで安心!必需品の装備とは

車の燃費を良くする方法!実体験で検証済み!ガソリンの燃費向上の厳選8つのコツ!

雪道運転でのギアの使い方とは?オートマ車で安全走行する方法

雪道運転・坂道(下り坂と上り坂)の走り方のコツ&注意点とは?

Sponsored Links

-車のメンテナンス

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.