芸能人&有名人の愛車

ガクトの愛車ランボルギーニ・アヴェンタドールの価格・スペックやエンジン音!なぜ選ぶのか?

更新日:

格付けチェックで連勝を続けるガクト(GACKT)さん。そんなガクトさんの愛車遍歴もスゴイ!とくに、ランボルギーニ大好きなタレントとして知られていますよね。番組やカー関連雑誌などで、ランボルギーニと一緒にドヤって(失礼!)写っていることも多々あります。

では、そんなガクトさんの愛車ランボルギーニ・アヴェンタドールの価格・スペックなどに迫ります。

>>  芸能人(有名人)とアスリート&スポーツ選手の愛車まとめ!

 

ガクトの愛車ランボルギーニ・アヴェンタドールの価格(値段)

今、ガクトさんが乗っている愛車・ランボルギーニ・アヴェンタドールの価格は、約4300万円!ちなみに、今乗っているモデルは、ランボルギーニ・アヴェンタドール(LP740-4 アヴェンタドールS)と思われます。

「4000万円オーバーでも高!」という感じですが、今後、さらなるカスタマイズを施す可能性もあるでしょう。

ちなみに、かつて乗っていた別のモデル、LP720-4 50° アニヴェルサリオにも、カスタマイズにカスタマイズを重ねた過去のあるガクトさん。当時は、さまざまなオプションを加えることで、総額は1億円近くかかったといわれています。

さて、ランボルギーニ・アヴェンタドールには、計6つのバリエーションがあります。それぞれのバリエーションが、特別のモデルで、限定数生産・発売の車種がほとんどです。

 

ランボルギーニ・アヴェンタドールのバリエーションとは?

さて、ここから、ランボルギーニのバリエーションを紹介していきます。

 

・LP720-4 50° アニヴェルサリオ: 以前ガクトさんが所有していたバージョンの1台。2013年の上海モーターショーで発表後、世界限定200台の生産。ランボルギーニの創業50周年を記念するモデル。

via: https://rmsothebys.com/en/auctions/AZ18/Arizona/

威圧感がありまくりな、全長5メートルを超えるマシンですからね・・・。走っていたら、どう頑張っても見ないわけにはいかないでしょう。

ガクトさんらしいチョイスなのかも。カラーリングはコチラでしたね↓ ↓

ちなみに、ガクトさん、LP720-4 50° アニヴェルサリオはカスタマイズを重ね、わずか数年で手放しています。いくらで売れたか気になりますが、この手のクルマはプレミアムがつくことがほとんどですので、十分におつりが来た可能性もあるかと。。。

たしかに、この手のクルマは、屋内での管理はもちろん、車検、整備などかかる維持費も馬鹿高いことは確かなのですが、限定台数生産のスゴサは、それを欲しい層が必ずといっていいほどいるという点。

ガクトさん、きっと転売で儲かったんだろうなと単純に推測します。

さて、他のモデルも紹介・・・。

・LP700-4 ピレリ・エディション: イタリアのタイヤメーカーであるピレリとの長年のパートナーシップを記念した特別モデル。

・LP750-4 スーパーヴェローチェ: 2015年発表。世界限定600台の生産。

・LP700-4 ミウラ・オマージュ: 2016年発表。2016年に50周年を迎えた名車「ミウラ」のオマージュとして発表された50台の限定生産モデル。

このボディカラーで、名車・ミウラへのリスペクトを感じます・・・。

via: https://response.jp/article/2016/07/05/277998.html

・LP770-4 SVJ: 2018年に発表されたモデル。もちろんV12エンジンを搭載しており、0-100km/hの加速はわずか2.8秒で、最高速度は350km/hのモンスターマシン。

 

今、ガクトが保有するランボルギーニ・アヴェンタドールはコチラ!

via: https://www.grange.co.uk/used-car

今、ガクトさんが保有しているのが、LP740-4 アヴェンタドールSのはず。2018年のブログ記事の中で、ほぼ1年以上かけて改造を施した1台として紹介されていました。

こちらは、2016年発表の新世代モデルで、旧来のモデルと比べて、大幅にスペックアップした一台です。さらに軽量化を図り、より速く、安全に走行する機能が搭載されています。

ガクトさんが出演する番組内では、「いやいや」と嫌がりながらも、まんざらでもない様子で、マレーシアの豪邸を公開していましたが、その豪邸の奥深くのガレージにひっそりとたたずんでいたのがこの一台でした。

カラーリングはこちらのパープルか、近いカラーでしたね。独特の存在感があるカラーといえます。

via: Instagram

ガクトさん、あと何年所有するんでしょうかね・・・。また、しばらくしたら乗り換えそうです。あと、東京でジャガーを購入したとのニュースもあったので、日本用は、ジャガー、マレーシアでの足替わり?としてランボルギーニという感じなんでしょうかね。

かつて、東京の道路事情では、ランボルギーニに乗りにくいというブログ記事もあったので、そんな道路事情も影響していることは十分に考えられます。

via: https://www.caranddriver.com/photos/g19798491/2018-lamborghini-aventador-s-roadster-first-drive-review-gallery

実際、マレーシアのクアラルンプールなどの都市部の道や駐車場は広く、よく整備されているといわれているので、ガクトさんが車の乗り分けをしていても、不思議ではないですね。

 

ガクトの愛車ランボルギーニ・アヴェンタドールのスペックやエンジン音は

ガクトさんの愛車、ランボルギーニ・アヴェンタドールのスペックは以下の通り。

 

ポイント

  • ボディサイズ(全長×全幅×全高): 4,797mm×2,030mm×1,136mm
  • ホイールベース: 2,700mm
  • 車両重量 : 1,575kg
  • パワートレイン:  6.5L・V型12気筒(DOHC 48バルブ)エンジン搭載
  • 最高出力: 740PS/8,400rpm
  • 最大トルク: 70.4kgf·m/5,500rpm
  • 駆動方式: 4WD
  • トランスミッション: 7速セミAT

軽量化を図り、車両重量がわずか1.5トン程度にもかかわらず、最高時速350㎞に到達する性能と、4WDであることで、高速での安定性能が高まったなど、さらなる進化を遂げた一台です。

ちなみに、軽量化を図られていることにより、最近のランボルギーニは意外と燃費の良い車としても知られています。1リットルにつき5-6㎞走ることも珍しくないです。

 

エンジン音(サウンド)は?

ガクトさんの愛車である、ランボルギーニ・アヴェンタドールのエンジン音ですが、ふかさずに静かに走っている分には、それほど他のスポーツカー大きな違いを感じないですが、エンジン始動時やいったんアクセルを踏んだときの、エンジン音は”爆音”ですね。

とくにノーマル車はそこまで爆音ではないものの、チューンアップされた1台は、爆音も響かせるはず。

ま~、規制があるのは分かるのですが、スーパーカーなので、モンスターぶりもうかがわせて欲しいところですね。

The BEST LAMBORGHINI AVENTADOR Engine SOUNDS Ever!!

この手のクルマは乗り手を選ぶので、違いがないと、面白くないのも事実ですしね。

ただ、日本だとこの辺の騒音についても規制も含めて制限があるので、やはり海外でこそ醍醐味を感じられるのかもです。

 

ガクトは愛車ランボルギーニをなぜ選ぶのか?

ガクトさんについては、これまで複数台のランボルギーニを乗り継いできました。なぜ、ランボルギーニに乗るかですが、ひとつには”ガクトさんなりの成功者マインド”の表現?かな~と思います。

ガクトさんは、成功するためにマインドを大切にしていることが、発言からも分かります。「仮想通貨案件」に始まったことじゃないですが・・・うさん臭かったりして、色々言われるタイプの方だとは思いますが、ものすごい努力家であることは伝わってきます。

相当陰で勉強や努力をしているんじゃないかと・・・。高いものを買ったりすると、それに見合った成功を勝ち取るために自分を追い込みつつ、スゴイ努力ができるタイプの人ではあると思いますね。

また、別の理由として、自己プロデュースとしての道具なんじゃないかと。実際、かつて乗っていた、LP720-4 50° アニヴェルサリオに関してはガクトバージョン?が売られていたはず。そこからもガクトさんのもとにおカネが落ちていたはずです。

また、自己プロデュースの道具として買うことで、イヤらしい話、購入費用とか維持費用を経費(広告費かな?)として落としているでしょうし。

あと、単純に、買って高く売る・・・という転売マインドもあると思うんですね。

その辺は、前澤社長のマインドですね。

▼関連記事▼

ゾゾタウン・前澤友作社長の愛車遍歴は?価格&総額はいくら?なぜ買うのか?

 

基本、ガクトさんが、これまで購入してきたランボルギーニは、量産タイプというよりも、限定モデルメインで購入してきていることから、大事に乗って、高く売ることも視野に入れていると思う。

マレーシアは、法人税は2016年から24%に上がったものの、キャピタル・ゲイン税は、不動産に関するもの以外では非課税。

ということは、所有したクルマを転売したときに、利益が出ても、日本のように課税されることがないわけで(例外として投機とみなされる場合は課税対象)、そういう面も考えているんじゃないかと思うんですよね。

 

まとめ

  • ランボルギーニ・アヴェンタドールの価格: 約4300万円
  • スペック: 以下の通り(軽量化が図られ、4WDによって高速走行での安定性も増している)

ポイント

  • ボディサイズ(全長×全幅×全高): 4,797mm×2,030mm×1,136mm
  • ホイールベース: 2,700mm
  • 車両重量 : 1,575kg
  • パワートレイン:  6.5L・V型12気筒(DOHC 48バルブ)エンジン搭載
  • 最高出力: 740PS/8,400rpm
  • 最大トルク: 70.4kgf·m/5,500rpm
  • 駆動方式: 4WD
  • トランスミッション: 7速セミAT

 

それにしても、謎が多すぎなのが、ガクト(GACKT)さんの生態。テレビ番組などで映し出される豪邸の様子は、リアリティはあまり感じず、なんとなく仮の姿に見えてしまいます。

個人的には、他人が保有する豪邸という舞台で”ガクト”を演じているように見えてしまう・・・。

ただ、ガクトさんの発言や行動から、車選びにはかなりのこだわりがあることは分かります。

これからも、是非ランボルギーニを乗りついで欲しいですね!

★セレブのクルマをチェック! → 芸能人&有名人の愛車まとめ

手軽に読めるこんな記事もどうぞ⇒ 小林麻耶・ポルシェで違反切符!種類・モデルは何&価格(値段)はおいくら?なぜ安東弘樹アナが?

花田優一のイタリアの愛車は何(車種は)?スペック&価格はいくら?なぜ選んだ?

ゾゾタウン・前澤友作社長の愛車遍歴は?価格&総額はいくら?なぜ買うのか?

Sponsored Links

-芸能人&有名人の愛車

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.