スズキ(SUZUKI)

新型ジムニー・実燃費が悪すぎる!は本当?JC08モード&WLTCモード徹底比較

更新日:

新型ジムニーが満を持して、2018年7月5日、ついにスズキから発売されました。今回は、フルモデルチェンジですので、デザインはもちろんこと、先代型の良さを残しつつの新たなキャラクターを表現していることからかなり期待指数が上がっていることは間違いないでしょう。

さて、ここでは新型ジムニーの実燃費に注目してみたいと思います。実のところ、「新型ジムニーの燃費が悪すぎる」という話もあり、ここでは実際のところはどうなのかについてご説明したいと思います。

▼関連記事▼

新型ジムニー・後部座席が狭い!?広さ(スペース)はどうなの?

ジムニー新型(2018)カラーバリエーションは?ライフスタイル別のオススメカラーとは

 

新型ジムニーの実燃費はどれくらいなのか?

新型ジムニーの実燃費は実際のところどうなのでしょうか?結論ですが、個人的な感覚では、WLTCモードでの燃費の数値と比べてそれほど大きく変わらないように思えます。

いくつかのケース別で実燃費を計測してみました。

 

街乗りで&エアコン使用

この場合の街乗りとは、30℃を超す夏の暑い日で、エアコンの温度を27℃くらいに設定して走行したケースなのですが、4ATで約10km/Lの数字でした。WLTCモードでの燃費が約約11km/Lですので、実測値と大差がなく、悪くない数値だと思います。

ただ、信号待ちは少なく、いわゆる混雑や渋滞などはないケースでしたので、信号待ちやノロノロ運転を強いられるようなケースでは、もう少し燃費が落ちる可能性が考えられます。

 

高速走行で

高速道路では、エアコンを適宜使いつつ、燃費の一番良いといわれる約80キロで走行して、4ATで約11km/Lくらいでした。

こちらも、走り方によると思うのですが、やはり高速でエンジンを回転させて、エアコンを使うケースでは実燃費が伸びる感じがします。

 

流れの良い道路で

制限速度50キロ程度の流れの良い幹線道路を走ってみたケースですが、約13km/Lの計測結果となりました。新型ジムニーの郊外モード(WLTCモード)では13.9km/Lなので、このケースは「ま~想像通りだな」と思えました。

個人的に、気になるのが暑い夏・・・どうしてもエアコンをフルに回したくなりますよね。個人的に暑がりなので、暑い夏場、特にこんな酷暑の中だと、いつもカーエアコンは26~27℃くらいにセットして回すので、その分燃費が「ガクッ」と落ちたら困るな~と思っていました。

しかし、体感的には、それほど実燃費が悪いとは思わないですね。WLTCモードより少し落ちるという感じですね。

4人乗りでは試したことはないのですが、2人乗りで快適な温度でエアコンを回すという使い方をしても、WLTCモードでの燃費の数値と比べてもそこまで大きな差は出なかったですね。

もちろん、市街地の渋滞の中や高低差の大きなエリアを、人を乗せエアコンをかけつつ乗ると、WLTCモードの燃費の数値と比較して、もう少し実燃費が悪くなるとは思います。

 

新型ジムニーの実燃費は悪すぎるのか?JC08モードでは?

ここでは、スズキの発表している新型ジムニーの公式燃費(JC08モード)を見てみましょう。

 4AT 13.2km/L(JC08モード)

 5MT 16.2km/L (JC08モード)

最初、カタログでこの数値を見たときに、軽自動車というくくりで見た場合、個人的に受けた印象としては、「正直、あまり燃費良くない」と思いました。

とくに、家計を預かる奥様が、カタログ上のこの数字を見た場合、「えっ、新型ジムニーって軽でしょ?燃費悪すぎ・・・」という声が聞こえてきそう。

もちろん、JC08モードは、かつての燃費表示だった10.15モードに対して、実際の使用状況に近づけるために細かい速度変化で運転し、エンジンが暖まった状態だけでなく、冷えた状態からスタートする測定も加わっていることから、10.15モード燃費よりも約1割ほど燃費が低くはなる傾向があるとはいえ、やはり少し低すぎな気もしました・・・

では、ここで、さらに実際の燃費をイメージしやすい国際基準であるWLTCモードでは新型ジムニーの燃費はどうなのかを見ていきましょう。

 

新型ジムニーの燃費(WLTCモードでは・・・)

実際のところの燃費面ではどうなのかを知るために、続けて新型ジムニーのWLTCモードでの燃費を見てみましょう。

とくに、注目すべきなのは、JC08モードと比べて、より高い燃費を記録しているカテゴリーもあったりすること。

もちろん、悪路を走る場面もあるにしろ、一番多いのは、信号や渋滞等の影響を受けつつ、低速な走行がメインとなる市街地での利用。その市街地モードがまずまずの数値を出しているのは注目できると思います。

WLTCモード

 

 4AT/WLTCモード

・市街地モード ⇒ 11.0km/L
・郊外モード ⇒ 13.9km/L
・高速道路モードモード ⇒ 11.0km/L

 5AT/WLTCモード

・市街地モード ⇒ 14.6km/L
・郊外モード ⇒ 17.5km/L
・高速道路モードモード ⇒ 16.5km/L

 

個人的には、この数値を見たときに受けた印象は、「意外といいじゃない?」と思いました。少し他の車種と比較してみましょう。

ここでは、スズキで最も燃費の良い車種「スズキ アルト」の燃費と比較してみます。こちらはカタログ上の数値です。

 

● スズキ アルト(FF) ⇒ JC08モードの燃費・35.2km/L

 

確かにカタログ上での数値は良いですね。しかし、実際に乗っている方々の平均燃費記録をまとめますと・・・。

・HA36S(FF)が約23km/L

アルトに関しては、JC08モードでの数値と実測値は、かなり離れていることが分かります。実燃費はカタログ上の数値と比べて約30%ほど落ちることが分かります。

スズキアルトは、基本的に燃費は良い車種という印象ですが、JC08モードの数値と比べると、実際の街乗りの実燃費に近いWLTCモードでの燃費ということになると、やはり結構差を感じますね。

それを考えると、新型ジムニーは、公式燃費(JC08モード)とWLTCモードでの燃費の数値にそこまで差がない時点で、かなり優秀といえるでしょう。

 

新型ジムニーの燃費は悪すぎるのか?? 結論は・・・

写真引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

新型ジムニーの実燃費ですが、「確かにスゴイ良いというわけではないですが、ドライブでこれだけ遊べたり走りを楽しめることを考えると悪くはない」という印象です。

そもそも、他の燃費の良い軽カーと比較してはいけない車だと思いますね。もし、極上の燃費の良さを求めるなら、やはりスズキアルトのような燃費の良さでトップクラスの車にたどり着くと思います。

しかし、新型ジムニーに求めるのは、なかなかガソリンが減らないことに満足を覚える感覚ではなく、走りでしょう。極論を言えば、街での走りよりも、その走破性のはず。

その上で、実際に走ってみての実燃費を考えると、個人的には新型ジムニーの燃費には満足していますね

 

新型ジムニーを推せる理由とは

個人的には、新型ジムニーについては、燃費や走行性能ももちろんのこと、やはりその飽きのこないデザイン、ルックス熱く推せる軽カーだと思いますね。

今回のデザインを見たときに思ったのが、「結構デザインがスクエアである」こと。個人的には、最近の丸みを帯びたデザインに少し飽き気味でしたので、このスクエアなデザインを見たときに、新鮮味を感じました。

なんとなく、メルセデス・ベンツ Gクラスに似ている感じもしますし、実際、そういった声も一部あるようです。

しかし、開発者が「本格的なクロスカントリー4WDとは何か?」を考え、ドライバーズシートからの視認性、死角の少ないデザインを追求していった結果、このデザインにたどり着いた面もあると思います。

確かに、ジムニーは、他の車種と同様、これまでに新モデルが発売されるごとに販売価格が上がってきてはいるのですが、新型ジムニーが145万8000円~というのは、走りを楽しむ観点から考えれば、妥当な価格な気もします。

あと、デザインの話に戻りますが、新型ジムニーのエクステリアデザインを「ぱっ」と見た場合、「あっ、ジムニーだ」と分かるのは好きですね。歴代のジムニーのデザインを新型ジムニーのいろいろな箇所に取り入れているわけで、そのあたりに開発者のポリシーを感じます。

▼関連記事▼

新型ジムニー・値引き額の限度&限界はいくら?お得な割引方法とは?

新型ジムニーシエラ5ドアロング・日本発売時期はいつ?価格&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

 

まとめ

いくつかのケースでの新型ジムニーの実燃費をご紹介しました。

 街乗りで&エアコン使用で、4ATタイプで約10km/Lの数字でした。

 高速走行で、ATタイプで約11km/Lでした。

 流れの良い道路で、約13km/Lの計測結果でした。

 

ただ、もともと、ジムニーは燃費を気にしちゃいけない車です。それよりも走破性を含む、走行性能の高さ、安全性等がメインにくるはずの車です。ただ、実燃費についてもかなり健闘していると思いますね。

もし真の実燃費の良さだけで選ぶなら、それこそスズキアルトのような車種が良いでしょう。

ですが、新型ジムニーを実際に買うと仮定した場合、市街地メインでの利用が多いことが予想される中で、上々の燃費を記録していると思います。あとは、走り方を工夫すれば、まずまずの燃費を出すでしょうし、何よりも走りを楽しめるのがアドバンテージでしょう。

▼関連記事▼

新型ジムニー試乗車の試乗記(評価レポート)&感想ブログ

 

【PS】 実は新型ジムニーをお得に購入する裏技があります!

新型ジムニーの購入を考えておられるなら、是非こちらをお読みください。

とある方法を使うことで、新型ジムニーを30-50万円も安く買えるようになります!その方法を分かりやすく説明しています。

 

▼新型ジムニーを30~50万円安く買おう!!▼
      ↓ ↓ ↓ ↓

愛車をディーラの下取り価格よりも30万~50万円高く売る方法とは

>> 20代男子におすすめのかっこいいモテ車特集

>> ガーリー&大人女子にオススメの車

>> 国産車のおすすめ一覧サクッとまとめ(スズキ・ダイハツ・マツダ・三菱・日産編)

Sponsored Links

-スズキ(SUZUKI)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.