Audi(アウディ)

アウディ新型Q4の日本発売時期はいつ?価格(値段)予想&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

更新日:

アウディ新型Q4

ここでは、アウディ新型Q4の日本発売時期がいつなのか、価格予想&スペック&実燃費・エクステリア&内装などを取り上げます。

 

▼気になる!アウディ新型Q3の後部座席の広さ&ラゲッジスペースの評価・口コミ▼

アウディ新型Q3フルモデルチェンジ・後部座席の広さ&ラゲッジスペースの評価・口コミは?広さと使い勝手は?

 

アウディ・新型Q4の日本発売時期はいつ?

アウディ新型Q4エクステリアデザイン

画像出典元:Caricos.com

アウディ新型Q4の日本発売時期は、2020年前半と推測します。

その根拠なのですが、2018年6月にアウディが明らかにした”野望”・・・つまり「2025年までに世界新車販売の50%をSUVにする」計画をアウディが現在、進めていること。それで、アウディ新型Q4の発売はもう間近だと思います。

実際、Q7からスタートしてQ5、Q3、Q2、Q8という具合に、「Qファミリー」の発売が着々と進められてきました。

このQ5とQ3の間を埋めるピースが、アウディ新型Q4というわけです。

ヨーロッパのカー関連サイトでは、アウディ新型Q4の発売は2019年と予想されています。その一部の分析を抜粋します。

 

”アウディの”QファミリーによるSUVでの世界制覇”という時刻表において、Q4のリリースは間近で、2019年になるだろう”

 

アウディについては、海外マーケットでの発売から約半年後に日本で発売という”スパン”が傾向として見られます。

そのことから、2019年後半に海外で発売、年明けて2020年の前半に日本で発売の可能性が高いと思います。

ちなみに、一見、アウディの「2025年までに世界新車販売の50%をSUVにする」計画は、荒唐無稽にも聞こえるかもしれませんが、決してそんなことはないと思います。

一つの数字を出してみましょう。これは2018年時点の数字です。

 

  • 北米市場でのアウディのSUV販売比率 ⇒ 51%
  • 中国 〃   ⇒ 34%
  • ヨーロッパ 〃  ⇒ 33%

この数字からも分かるように、北米市場では、Qファミリーの販売が絶好調。すでに、SUV比率は51%に達していることから目標は達成しているわけです。

SUVの巨大なマーケットであり、ライバルも強い北米市場で、アウディがSUV車で大きな売り上げを達成したのは、この計画がハマったことを示していますし、ペルソナをきちんと見極めた(分析した)ことの証だと思います。

日本では、嗜好性とか顧客ニーズが多岐に渡り、細分化されている中で、アウディがそこまでSUVのマーケットでシェアを取れるかは微妙な感じはします。

 

ですが、アウディ新型Q4がクーペSUVというのが、新たなタイプの顧客の獲得につながりそうな気はします。

「2025年までに世界新車販売の50%をSUVにする」計画はかなり高めな目標ではありますが、高めな目標を据えておかないと、数字は作れませんからね・・・。

 

アウディ新型Q4の価格(値段)予想は?

アウディ新型Q4エクステリアデザイン

画像出典元:Caricos.com

アウディ新型Q4の価格(値段)は、エントリーモデルで450万円~と推測します。海外のカー関連サイトでは、アウディ Q4の英国価格は、おおよそ28,000~30,000ポンドと予想されています。

車種やモデルによっては、価格予想もマチマチになることもあるのですが、アウディ新型Q4については、ある程度、近い価格で予想が出されていることから、この予想とそれほど離れた価格はならないと思います。

ちなみに、30,000ポンドとして計算すると、426万円(1ポンド=142円計算)になるのですが、アウディについては、これまでのデータから、もちろんモデルによるのですが、ヨーロッパよりも日本での発売価格が微妙に割高な印象があり、450万円~と予想します。

もし、アウディ新型Q4が400万円台~で購入可能であれば、それほど割高と考えない人も多そうです。

ただ、後述しますが、もしエントリーモデルのエンジンがリッターエンジンだとすると、450万円となると、高いと感じる人も多いかもしれません。

また、アウディの場合、エントリーモデルでの購入価格が、それほど高く感じなくても、オプションをつけることで、実質500万円~販売価格のイメージになるかも・・・。

 

Q4のスペック&実燃費

アウディ新型Q4エクステリアデザイン

画像出典元:Caricos.com

つづいて、アウディ新型Q4のスペックや実燃費について取り上げます。

 

アウディ新型Q4のスペック

アウディ新型Q4のスペックは以下の通りです。予想段階でのデータも含んでいます。

  • パワートレイン: 1L&1.5L・3気筒&2L・直列4気筒のガソリンエンジンを予想(ディーゼル車・プラグインハイブリッド車発売の可能性もあり)
  • ボディサイズ(全長L×全幅): 4,500mm×1,850mm
  • トランスミッション: エントリーモデルは6速&7速デュアル・クラッチ・トランスミッション搭載モデルを予想
  • 最高出力: 200~300ps程度を予想 

パワートレインの特徴として、いくつかの排気量(最低3つ)のエンジンが予想されます。1Lスタートのコンパクトカータイプのエンジンから2L・直列4気筒までの3種類の排気量のエンジンです。

また、ガソリン車以外にも、プラグインハイブリッド車とディーゼル車のラインナップも予想されます。

ボディサイズについては、Q3よりも若干(110mm)長いサイズが予想され、全長は、4,500mm程度となるでしょう。

ちなみに、この全長は、同程度の排気量を持つヨーロッパ車ではかなりスタンダードといっても良い長さですね

トランスミッションは、エントリーモデルで予想される6速搭載以外にも、Q3と同じ7速デュアル・クラッチ・トランスミッション搭載の可能性もあります。

他にも、次のようなスペックを予想します。なお、これらの多くは、Q5モデルに搭載されているものです。

  • アダプティブクルーズコントロール
  • アクティブレーンアシスト
  • トラフィックジャムアシスト
  • 9.2インチのスクリーン搭載(Q3は8.8インチ)
  • ジェスチャー・コントロール対応のインフォテイメントシステム
  • メータークラスターにはフルHDディスプレイ搭載
  • サラウンドビューカメラ
  • アウディホールドアシスト
  • ターンアシスト
  • サイドアシスト
  • リヤクロストラフィックアシスト
  • ストップ&ゴー
  • エグジットワーニング

とりわけ、注目できるのが、最新のインフォテイメントシステム(=情報&娯楽の提供)です。運転をより楽しく&快適に、そして安全にできるよう設計されています。

 

アウディ新型Q4の実燃費

アウディ新型Q4の実燃費ですが、パワートレインがまだ明らかになっていない以上分かりません。

ただ、仮にQ3と同様のパワートレインとトランスミッションを搭載として考えると、平均で9-11km/L程度と推測します。

Q3については、走りも楽しめますし、「実燃費がカタログ燃費で予想したものよりも良い」との声が上がっています。

あとは、アウディ新型Q4の各モデルの排気量と車重の問題があると思いますので、それ次第で実燃費が変わってきますね。パワートレインが明らかになれば、ある程度の予想を立てることが可能になるでしょう。

 

アウディ新型Q4のエクステリア&内装は

アウディ新型Q4のエクステリア&内装についてです。まずエクステリアからです。TTオフロードのコンセプトカーがベースになることが予想されています。

アウディ新型Q4エクステリアデザイン

(画像引用:https://www.automobilemag.com)

デザインは、クーペタイプのものになるでしょう。

なお、Q3は、ボクシーなデザインでしたが、Q4は、ある程度丸みを帯びたエクステリアデザインになりそうです。また、スポーティ感のある、フロントバンパーとリアバンパーも特長になりそうです。

アウディ新型Q4リアデザイン

(画像引用:https://www.automobilemag.com)

内装ですが、Q8のダッシュボードの要素が引き継がれることが予想されています。

その特徴は”シンプル”というもの。ゴテゴテ感がなく、すっきりとした運転席周りがベストですね。

アウディ新型Q4インテリア(内装)

画像はQ8 (画像引用:https://www.carwow.co.uk/)

後部座席ですが、Q3に比べて、小さめになりそうですが、ラゲッジスペースは、ある程度の荷物を詰めるよう設計されることが予想されています。

>> 大人かっこいい30代にオススメの車特集&まとめ!

 

アウディ新型Q4 ~まとめ

  • 新型Q4の日本発売時期: 2020年前半
  • 価格(値段): 450万円~(エントリーモデルで)
  • スペック: 以下の通り
  • パワートレイン: 1L&1.5L・3気筒&2L・直列4気筒のガソリンエンジンを予想(ディーゼル車・プラグインハイブリッド車発売の可能性もあり)
  • ボディサイズ(全長L×全幅): 4,500mm×1,850mm
  • トランスミッション: エントリーモデルは6速&7速デュアル・クラッチ・トランスミッション搭載モデルを予想
  • 最高出力: 200~300ps程度を予想 
  • 実燃費: 平均で9-11km/L程度と推測
  • エクステリア&内装: エクステリアはTTオフロードのコンセプトカーがベース。内装は、Q8&Q3の流れを汲む。

アウディは、どちらかというと女子が好きなデザインの車かもしれません。ドイツ車ではあるのですが、ベンツのような威圧感はないのですが、独特の存在感があります。

アウディ新型Q4が、コンセプトカーに近いクーペに寄せたデザインで販売してくれば、デザイン感がイイですし、欲しい層はいると思いますね。

あとは、できるだけコンセプトカーに寄せて仕上げてきてほしいと個人的には思います。

 

▼関連記事▼

アウディ・e-tron(EV)の後部座席の広さ&ラゲッジスペースの広さと使い勝手は?

アウディ・電気自動車e-tronの日本発売時期はいつ?価格(値段)予想&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

アウディ新型SQ2の日本発売時期はいつ?価格&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

アウディ新型Q3フルモデルチェンジ・日本発売時期はいつ?価格&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

アウディ新型Q3フルモデルチェンジ・後部座席の広さ&ラゲッジスペースの評価・口コミは?広さと使い勝手は?

アウディ新型Q8・日本発売時期はいつ?価格&スペック&実燃費・エクステリア&内装は?

20代男子におすすめのかっこいいモテ車特集

>>  外車&輸入車のおすすめ!まとめ記事(アルファロメオ~アウディ編)

>> ガーリー&大人女子にオススメの車

Sponsored Links

-Audi(アウディ)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.