運転テクニック

雪道運転で気をつけるべきこと(注意点)&運転方法のコツまとめ!

更新日:

雪道運転

ここでは、雪道運転で気をつけるべきこと(注意点)を取り上げています。また、さまざまなケース別での運転方法のコツなどの記事をまとめています。

さらに、運転初心者が知っておきたい運転や車の知識についての記事もまとめています。

 

雪道運転で気をつけるべきこと(注意点)

雪道運転注意点

普段、降雪地帯に住んでいて、雪に慣れている人にとっては、雪道運転は苦にならないはず。ハンドリングにしてもブレーキングにしても無意識に出来ているはず。

でも、普段あまり雪が降らない地域に住む人にとっては、都心部で大雪が降る中、車で出かけたり、スキーやスノボなどのウィンタースポーツで雪国に出かけるときなどに、”ヒヤリ&ハッと”する瞬間もあるかもしれません。

ここでは、雪道運転で気をつけるべきことや注意点に関する記事をまとめています。

とくに、滑りやすい坂道走行などはイレギュラーな対応が必要だったり、常に緊張を強いられる場面があります。そんな雪道での運転では、細心の注意が必要です。

 

 

雪道で濃い霧なんて場面に出くわしたら、運転でけっこう神経をすり減らすことに・・・。そんな濃霧の中、安全に走行するためのコツについて紹介しています。

 

 

”寒い中の運転や路面コンディションの良くない雪道を走行すると通常走行に比べても燃費が悪化する”という問題もあります。そんなコンディション下で、できるだけ燃費を良くするための方法などについても解説した記事をご紹介しています。

 

 

過去に行われたアンケートによると、雪道のドライブ経験者のうち98%の人がヒヤリとした経験があるとのこと・・・。

つまり普段慣れているはずの雪国で生活する人にとっても、雪道運転は「怖い」という感覚を持つようです。ましてや、普段ほとんど雪の降らない地域に住む人にとっては、雪道運転はかなり恐怖を感じる場面もあるかもしれません。

実際、都心部ではわずか2-3センチの降雪でも身動きの取れなくなる車があったりしますよね。スタックして身動きが取れない場合には、仮にJAFに入っていても、そのような降雪の天候コンディションだと、他の人からも救援要請が殺到していて、なかなか来てくれず・・・。

結果として、寒い中、数時間待つことも余裕であり得ます。

大事なのは、自宅から出る前に、前もって雪道運転をするための準備をしておくことです^^ 少しの知識を持っておくだけでも、安全に雪道を走ることができますので、意識したいものですね。

 

雨の日やぬかるみでの運転方法

雨の日の運転方法

ここでは、雨の日の運転やぬかるみでの運転などについて取り上げます。

データによると、雨天時の交通事故の発生率は、晴天時の約4倍とかなり高いのが特徴です。視界の悪さやハンドリングを誤ってスリップしてしまうなど・・・雨天時の走行はリスクが高いことが分かります。

 

雨の日事故率

出典元:首都高公式サイト

 

以下の記事では、雨や窓ガラスの曇りなどの視界の悪さや路面コンディションが悪い雨の日、安全走行するためにできることなどを取り上げています。

 

 

どんなに高性能なクルマでも、良いタイヤを履いていても、雨の日は視界の悪さなどの悪条件が重なり、事故のリスクが高くなります。また路面の状態が悪く、ぬかるみにハマってしまうと、車の性能に関係なく動けなくなってしまいます。

事前に知識として対処方方法を知っておくようにしましょう。

 

車の運転が上手くなる方法など

運転上手くなるには

一般的に、運転歴が長くなればなるほど、運転に慣れているので運転が苦にならないですよね。

でも、その一方で普段あまり運転する機会がない方(ペーパードライバーを含む)やもともと運転そのものが好きでない方は、運転への苦手意識を持っている方も多いです。

また、運転初心者のころに、不安に思いがちな点やETC関係をはじめとしたトラブル対処方法などについても扱っています。

 

 

車の燃費改善に役立つ知識&知っておきたい車の知識など

ここでは、車の燃費改善や家計に優しく車を管理するのに役立つ知識などをまとめています。

 

 

車は、ガソリン代に加え、かかる税金や車検などの維持費の高さから、古い言い方ですが「金食い虫」ともいえます。

押さえるべきところは押さえて維持管理することで、車の管理にかかる支出をセーブできます。

 

雪道運転で気をつけるべきこと(注意点)&運転方法のコツ ~まとめ

最近発売されたような車の多くは高性能ですので、ドライバー側でやるべきことはほとんどないはず・・・。とくに雪道走行などは、今の車の安全性能は高くなったことで、断然運転が楽になりました。

タイヤ一つとっても、最近では滑りにくい高性能なものが多いです。

でも、それだけに、いざ車関連のトラブルが突発的に発生すると、どうすれば良いか分からなくなってしまうこともあります。

あらかじめ知識として理解しておくと、安全で楽しいドライブライフを楽しめますね^^

Sponsored Links

-運転テクニック

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© vehicle info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.